三菱自 アジアの販売店二割増へ。今秋新型MPV投入

三菱自動車は2020年をメドに東南アジアの販売店を
現在の2割増の600店舗に引き上げる。

5e81d5a1-

重点国と位置づけるフィリピンとインドネシア、タイが対象で、
整備担当者も4400人に倍増させる。
フィリピンとインドネシアでは工場の増産投資を進めている。得意とする東南アジアで製販体制を強固にし、成長市場を掘り起こす。 フィリピンは現在48店だが70店に増やす。整備担当者は2倍以上の1400人とする。フィリピン工場では今月中旬に双日と共同で新ラインを整え、従来タイから輸入していた小型車「ミラージュ」を現地生産に切り替えた。フィリピンではトヨタ自動車に次ぐ15%のシェアを確保しており、さらなる拡大をめざす。 インドネシアでは販売店を2割増の300店、整備担当者は倍増の3000人に拡大する。現地販売会社は現在、三菱ふそうトラック・バスの商用車も手がける。乗用車販売に集中するため4月に販売会社を再編し、三菱自の乗用車のみを販売する新会社を設立する。新工場も建設し今秋には7人乗りの多目的車(MPV)を投入する。タイでは販売店を6%増の230店舗にする。 三菱自は世界販売の約2割を東南アジアで占めている。昨年10月、日産自動車から34%の資本参加を受けたが、東南アジアでの強みを日産との連携に生かす計画。インドネシア工場から日産にMPVをOEM(相手先ブランドによる生産)供給するほか、部品調達でも協業する。販売では当面独自の戦略をとる。
日本経済新聞
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-02-27 09:17 | 三菱自動車 | Comments(1)

ホンダ レジェンド、大整形手術でイメチェン

5e81d5a1-

デビューまで紆余曲折を繰り返して登場した、現行型ホンダ レジェンド。
いままでのマイナスイメージを払拭するべく、ビッグマイナーチェンジが施される模様だ。 経緯をおさらいすると、現行モデルは、2014年11月に発表されたが、当時、すでにフィットで勃発していた品質問題を受けて、細部まで再検証することが優先された。・・・・・・
続きはこちら
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-02-26 20:24 | ホンダ | Comments(5)

【更新】スズキの軽で、三菱デリカっ!!

6



読者様のコメントで気づいたのですが、
じつはこれ、スズキ車をベースとしたデリカもどきでした。
軽でエブリィかな

[PR]

# by ganbaremmc | 2017-02-26 20:08 | 三菱自動車 | Comments(6)

日本車の「軽」中国では「神車」と評価

軽自動車は日本独特の規格の車であり、
中国人にとっては珍しい車だといえる。

6

中国メディアの捜狐は23日、軽自動車は日本人にとっての「神車」であると伝え、
日本で軽自動車がよく売れる理由について考察している。 
記事は、日本のアニメや漫画などでも軽自動車はよく登場するため、中国人にとっても見覚えのある車だと伝えつつ、実際に日本を訪れてみると「頻繁に目にする存在であり、日本人消費者から広く支持されていることが分かる」と紹介した。 続けて、「角ばっていて、可愛いらしい」軽自動車は中国人消費者が自動車に求める外観とはかけ離れているとしながらも、車内空間が狭い軽自動車が日本で売れるのにはそれなりの理由があると指摘。 例えば、日本は国土が小さいため、道路も狭いと指摘し、軽自動車ならば運転が楽であり、日常的に使用するには乗りやすいとしたほか、駐車証明書が不要な場合があったり、税金が安かったりと、メリットは多いのだと紹介した。 一方で記事は、軽自動車を中国で販売した場合に、日本のように販売台数を伸ばすことができるかと言えば、それは疑問であるとし、中国人消費者は「大きく、高級そうに見える」車を求める人が多いと指摘。また、核家族化が進んだ日本と異なり、中国では祖父母と同居している家庭も少なくないため、軽自動車では家族全員が乗れないケースが多いとし、だからこそ中国ではSUVやMPVのほうが売れるのだと伝えている。excite.co.jp
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-02-26 09:23 | ニュース・その他 | Comments(0)

三菱自関連企業に日産OBが商談アドバイス

伊原木知事は24日、燃費不正問題を受けて三菱自動車が日産自動車と資本業務提携し、再建を目指していることを踏まえ、岡山県内の三菱自関連企業が日産との商談を円滑に行えるように、日産の技術者OBをアドバイザーとして派遣する方針を示した。  県議会代表質問で、部品納入を巡って県外の日産関連企業との受注競争になることを想定した支援について質問があり、知事は「業務提携を新たなビジネスチャンスに結びつけるため、日産の開発部門で経験を積んだ技術者をアドバイザーとして派遣したい」と述べた。  県産業振興課によると、三菱自水島製作所(倉敷市水島海岸通)では軽自動車を生産しているが、新型車開発などは日産主導になる可能性があり、開発手法の違いについて三菱自関連企業に不安の声がある。アドバイザーは日産退職者らを専門分野ごとに複数登録する計画で、要望に応じて現場に出向き、技術的指導や助言を行う。セミナー開催なども予定。今後、人選を進める。
sanyonews.jp

6

[PR]

# by ganbaremmc | 2017-02-25 18:08 | 三菱自動車 | Comments(0)

国沢氏「クリーンディーゼルエンジンの難しさを感じさせる」

スカイアクティブDの2200ccエンジンが5件の不具合によるリコールを出した。
基本的に制御内容によるもので、いずれも最後は回転の不調によりエンストするという。ちなみに1500cc仕様も別件でリコール出しており、クリーンディーゼルエンジンの難しさを感じさせる。

もちろんリコール対応すれば問題ないため、あまり気にすることはないと思う。
もしかすると経年変化により今後もリコール出すかもしれない。いずれにしろエンジンに不調を感じたらディーラーに持って行くこと。こういったトラブルは同じ時期に出てくる。ディーラーでも情報を持っていることだろう。一方、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンの「使い方」と根本的に違うことも認識しておいたほうが良い。御存知の通りディーゼルエンジンはいくつかの使用条件で燃え残りの「スス」が発生する。マツダの場合、ススを出しにくいよう制御しているものの、やはりゼロにならない。ススは『DPF』(ディーゼルパティキュレートフィルター)という装置で全量キャッチして、排気管から出なくしている。つまりDPFには少しづつススが貯まっていく。ススの内容は基本的にカーボン(石炭のようなもの)なので、ある程度貯まったところで熱を掛けてやることで燃焼させる。通常、この繰り返しをすることで排気ガスをクリーンな状態に保つ。ところがチョイ乗りばかりを繰り返すと、DPFを燃焼させている時間が確保出来ない。DPFは十分な暖気が終わった状態でしか稼働しないのだ。マツダに聞くと「最低でも30分くらい走って欲しいです」。

5e81d5a1-

当たり前ながらディーゼルのメリットは「車両価格が高いけれど燃費良い」。というもの。チョイ乗りばかり繰り返すような乗り方をしたら、高価なディーゼルを買う意味がない。長い距離を走る人のためのパワーユニットなのである。チョイ乗りしかしないと解っているならディーゼルをすすめない。ということでディーゼルに乗っている人はチョイ乗りを繰り返したら最低30分くらい走ることを心がけて欲しい。また、暖気終わるまでススの成分に湿度が多く、吸気系に付着してしまう(排気ガスの一部をそのまま吸気系に戻すEGRを行っているため、吸気系に貯まりやすい)。排気温度上がると排気ガス中のススが乾いてくるため、付着した「湿度のあるスス」も乾いて落としてくれる。出来ればススを落とすため、景気よく加速することもすすめておく。ようするに楽しんで乗りましょう、ということだ。ディーゼルエンジンは負荷を掛けた方が調子良い。マツダのディーラーによれば「エンジンの調子が悪いということで持ち込まれるディーゼルもあります。そんな時は30分くらい元気よく走っただけで気持ちよく回るようになります」。せっかくパワフルで気持ちよく回るエンジンなのだから、オーナーになったら一週間に一度くらい走りを楽しんだらいいと思う。
webcartop.jp

[PR]

# by ganbaremmc | 2017-02-25 17:25 | マツダ | Comments(10)

ホンダ フィットベースの新型SUV「WR-V」


5e81d5a1-

6

7g

7f

7e

[PR]

# by ganbaremmc | 2017-02-25 17:04 | ホンダ | Comments(4)

【動画】「あぁぁああああ~っ!!!!」目の前で衝突


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-02-24 19:21 | 衝撃的動画 | Comments(1)