トヨタ 11月にプリウス改良

プリウスの改良話がディーラで聞けるようです

7e5d5a12-

価格.com より
プリウスが11月に一部改良になるようです。
近々現行モデルは受注ストップらしいです。
1.ヘッドアップディスプレイにオートクルーズを表示
2.コンソールボックスのカラーを黒に変更
3.フロントワイパーの改良
4.プリウス販売20周年記念車
5.ツートンカラー追加
6.メーカーOPで11.5インチナビ追加

2017/09/17 13:37 yamakatu3542 さん


・11月1日製造分からだそうです。
・11インチナビはPHVと同じように取付になるそうです。
・9月中旬現在では価格や詳細の内容までは知らされていないとのこと。

2017/09/17 13:53  パパだよ~ん さん



[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-17 19:09 | トヨタ | Comments(10)

次期ホンダ ヴェゼルにも2モーター式HVを採用

早くも次期ヴェゼルの情報が聞こえてきた。
スクープ班がキャッチした断片的な情報は、ハイブリッド機構に関する内容で、次期型は大きく変わるという。現在の1モーター+7速DCTによるi-DCDから、2モーター式のi-MMDに変わる方向で検討されている。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a12-


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-17 14:29 | ホンダ | Comments(8)

三菱自 ゴーン会長と益子CEOの妄想対話 「嫌われてる?」編

益子CEO 「 私は嫌われているのですかね? 」
ゴーン会長 「 あれだけ車種減らせば、虫にも嫌われるよ。新潮の記事に゛開発はバカ゛とか答えているし。
ランエボ、パジェロ復活なんてどうせ嘘なんだろ? 」
益子CEO 「 あなたはどうして私を残したのですか? 」
ゴーン会長 「 また何かあったら君に責任をとらせるためだよ。日産に尻拭いさせるかよ 」
益子CEO ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

59a4cc2298


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-17 13:34 | 三菱自動車 | Comments(4)

国沢氏「三菱自の益子社長は口ばっかり」

7e5d5a12-

写真はミラージュのAP4でございます。カッコ良い! タイで作っているミラージュがベース。オーストラリアとニュージーランドで行われているラリーのカテゴリーなのだけれど、ランエボ10用のエンジンを1800ccにダウンして搭載。駆動系もランエボ10。三菱もこのクルマをベースにアジア地区でラリーやったらいいのに。まぁ益子さんが社長のウチは絶対無理でしょうね。モータースポーツ嫌いですから。インタビューした時も「電気自動車のF1あれば参加します」と言ってたのに、フォミュラEに出てくる気配無し。 国沢光宏
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-17 13:15 | 三菱自動車 | Comments(7)

マツダ 新型CX-8のディーゼルエンジンに可変ジオメトリーターボチャージャーを採用

7e5d5a17-

マツダの3列シートの新型「CX-8」では、「CX-5」でも採用していた「SKYACTIV-D 2.2」を改良して採用した。多人数乗車かつ同社最大の車格でも、十分なパワーを確保し燃費の悪化も抑制するためだ。最大トルクと最高出力の向上に寄与したのが、可変ジオメトリーターボチャージャーの採用である。排気量1.5Lのディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」に同技術を採用していた。今回は、それをSKYACTIV-D 2.2にも採用した。 ・・・・・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-17 13:04 | マツダ | Comments(1)

改めて三菱エクリプスクロスのディーゼルについて

発売延期?となった三菱エクリプスクロスに搭載されるはずであったディーゼルエンジンについて、
イベントにいた三菱関係者から聞いた情報をまとめてみました。

7e5d5a12-

◆ディーゼルはデリカD5の物よりパワフルになる。
初代のアウトランダー並みに走り重視して、現行のアウトランダー並みの静粛性を目指すとの事。 
エンジンはディーゼルが今年度中。 
◆ミッションは8段ATでデリカD5と型式は同じでもよりパワーアップ。
◆“第2世代”と呼べるほどあらゆる部分に手を入れたそうで、燃費、音、滑らかさなど、すべての部分でバージョンアップを達成しているとのこと。 トランスミッションには三菱初の8速ATを導入しており、これも上質な走りに貢献している。
◆6速から8速になってそれによってトルク容量がアップ。デリカD:5よりもさらにトルクフルなパワートレインがこのコンパクトSUVにのるということなので、非常にそのへんは期待していただきたい部分。 参照
◆4WDにはランエボなどで経験を積んだ電子制御の車両運動統合制御システム「スーパー・オール・ホイール・コントロール(S-AWC)」を採用。
◆値段はだいたい300万円。トヨタCH-Rと同じくらいの値段だそうで。
朝里@6/3,4岡山&広島 18富山‏ @asato_178 · 5月20日のツィートより
https://twitter.com/86158001152
◆CX-5(マツダ)が、同じ2.2L クリーンディーゼルでサイズも比較的近いということもあり、競合にあたる

7e5d5a12-


◆ClearTecは欧州での環境適用モデルの表示だそうです。
なので、MITSUBISHI ClearTec表記は国内モデルには付きません。
掲載・画像元はこちら

【 その他 】
◆ボディサイズは全長4405mm、全幅1805mm、全高1685mmで、ホイールベースは2670mm。スバルの新型「XV」に近い。
●プラグインハイブリッドの予定はなし。但し、アウトランダーとシャーシーは一緒なので、作る事は可能。
●1.5L 直噴ターボはRVRの1.8Lよりもずっとパワーがある。
直噴方式をベースに、状況に応じて間接噴射を使い分けるデュアルインジェクション方式とすることで燃焼効率を高めた。CVTは8速マニュアルモード。
●ダウンサイジングターボは他の車種にも順次展開していく。
●展示車のボディカラーを赤は、通常の上塗り塗装の上に、さらに半透明のレッドとクリア層を塗り重ねることで、深みがあり、彩度が高い高品質なカラーにした。
●4WDにS-AWCを標準装備するかどうかは、議論になった。三菱のブランドイメージを反映させるため、装着することにした。
●フロントサスペンション部分は3点式のストラットタワーバーで補強し、ボディ組み立てには溶接に加え、リアまわりを中心に接着剤を併用することで、高剛性ボディを実現し、信頼できるハンドリングをものにしている。

改めて読み返すと、
最新のディーゼルについて、よだれがジュルジュル。。。

[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-16 23:12 | 三菱自動車 | Comments(24)

スズキ・新型スイフトスポーツのチーフエンジニアに聞いてみた本音




[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-16 23:11 | スズキ | Comments(1)

日産リーフ オフライン式ほ9月19日に動画配信



日産追浜工場にて、電気自動車の新型「日産リーフ」
本格生産開始を祝う社内行事「オフライン式」の模様をお届けします。
2017/09/19 に開始予定
(回線の関係で、撮って出しの録画中継となります。ご了承ください。)
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-16 22:52 | 日産 | Comments(0)