トヨタ ディーゼルエンジン刷新-空気をまっすぐに流入

トヨタ自動車が主力ディーゼルエンジンを刷新した。
新興国向け戦略車「IMV」などに順次搭載する排気量2400―2800ccエンジンで国内外で年間70万台規模で生産する。最大熱効率は世界トップレベルの44%を達成し燃費性能を向上。小排気量化しながらも加速性能は高め、排ガスはよりクリーンにした。(名古屋・伊藤研二)


0000


 「燃焼の発想を転換した」(濱村芳彦エンジン開発推進部主査)。新ディーゼルエンジン「GD型」の燃費向上のポイントは、シリンダー内への空気の入れ方だ。これまでは吸気ポートで空気を強く旋回させ、空気と燃料をかき混ぜて効率よく燃やしていた。それに対しGD型は旋回させず、できるだけ”まっすぐに“流入させる。空気量の増加でターボチャージャー(過給器)が効いていない領域でのトルクは従来「KD型」比8%向上した。
 一方、旋回力なしで空気を使い切るため、燃焼室形状を改良し、5回に分けて行う燃料噴射のタイミングや量を最適化。燃焼効率を高めた。ピストン上部に断熱性の高いコーティングを施し、燃焼エネルギーが冷却される損失も低減した。自社開発したターボは「出力当たりのサイズは世界最小」(濱村主査)で低速からの応答性が高まった。
 窒素酸化物(NOX)の浄化には尿素SCR(選択触媒還元)をトヨタとして初採用した。「あるメーカーが世界の9割を握る」(濱村主査)尿素インジェクターも自前で開発。最大99%の浄化率や小型化を実現した。
nikkan.co.jp


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-08-20 11:50 | トヨタ | Comments(0)

アウディ 航続距離500kmのEV電池開発へ

ドイツAudi(アウディ)は、韓国のLG ChemとSamsung SDIと共同で、
多目的スポーツ車(SUV)タイプの電気自動車(EV)向けに強力な2次電池を開発する。

0000

1回の充電で航続距離500kmを目指す。韓国メーカー2社は、この電池セルの欧州での生産に向けた投資を計画しており、その欧州工場からドイツで生産するAudi車向けに電池を供給する予定。Audiが2015年8月13日に発表した。 Audiは、プラグインハイブリッド(PHV)仕様のSUV「A3 Sportback e-tron」を2014年に発売した。今回の発表資料にもA3 Sportback e-tronの写真が添えられており、開発した高性能電池を搭載する対象車となる可能性もある。
A3 Sportback e-tronは8.8kWhのLi(リチウム)イオン2次電池を搭載しており、電池のみで50km走行できる。航続距離500kmを目指すとすれば、単純計算でこの10倍近い容量を持つ電池が必要となる。
nikkei.com
[PR]

# by ganbaremmc | 2015-08-20 11:43 | 海外メーカー | Comments(1)

日産 リーフ が航続距離1.3倍に?米販売店が示唆

日産自動車のEV、『リーフ』。
同車の米国仕様車が、2016年モデルで大きな進化を果たすとの情報を、
米国の販売店が発信している。


0000


これは、米国インディアナ州インディアナポリスの日産販売店、「Andy Mohr Avon Nissan」が公式サイトを通じて明らかにしたもの。2016年モデルとして、改良が噂されるリーフについて、独自に情報を入手し、公開している。リーフは2010年末、日本と米国で発売。量産自動車メーカー初の市販EVとして、話題を集めた。現在でも、世界のEV市場をリードするリーフだが、2016年型では、どのあたりが変わるのか。

Andy Mohr Avon Nissanによると、2016年型のリーフでは、航続距離の延長が、最大の進化点。現行型よりも、蓄電容量を25%増したバッテリー(二次電池)搭載車が設定され、米国では最大で110マイル(約177km)の走行を可能にしているという。

現行リーフの米国仕様は、1回の充電で最大84マイル(約135km)走行可能。同販売店の情報によると、2016年型では航続距離を1.3倍に引き上げ、実用性の向上が図られることになる。
news.kakaku.com


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-08-19 21:24 | 日産 | Comments(0)

ホンダ 新型SUV「 Honda BR-V 」スクープ

000

0000

00


http://paultan.org/2015/08/19/honda-br-v--launch/


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-08-19 21:06 | ホンダ | Comments(0)

英国でEV車用の非接触充電レーン設置。走行中に充電

英国政府が、主要幹線道路に走行しながら充電が可能な
電気自動車(EV)専用レーンを設ける計画を発表しました。
試験用充電レーンは早ければ年内にも着工するとしており、
試験期間は18か月を予定しています。

0000

000


充電レーンの原理は、道路に埋め込んだ送電コイルから、EV のフロア部分に取り付けたピックアップコイルへと給電を行う磁気共鳴方式。磁気共鳴方式は電磁誘導に比べると送電可能なコイル間の距離が長いのが特徴で、路面から20cmほど離れた自動車の底面にも充分な電力を送電できます。

英国政府の発表では磁気共鳴方式の非接触充電に対応する EV がこのレーンを走れば、消費する分の電力を常に路面から供給しながら走行することができるため、飛躍的に航続距離を伸ばすことができるとしています。ただ、主要な幹線道路とはいえ、送電用コイルを路面に埋め込むにはそれなりの工事費用が必要です。英国政府はこの分野に対して、今後5年間に5億ポンドにのぼる予算を投入するとしています。それでも少しでも安価に工事を進めるため、送電コイルの埋設工事に特殊な重機は使わず、既存のトレンチ掘削作業車や鉄道敷設用車両を利用してコストダウンを図っています。

現在の電気自動車では常にバッテリー残量の確認と充電ステーションの場所に気を配りつつ走行する必要があります。さらに公共の充電ステーションでは充電時間に制限制限が設けられ、場所によっては利用可能な時間帯にも制限があります。充電しながら走れる道路によってバッテリー残量を気にしなくても済むのであれば、EVオーナーの運転中のストレスも大幅に軽減されることになりそうです。

なお英国政府は通常の充電ステーションを20マイル間隔で設置する計画も進めています。

ちなみに、同じように道路に充電用コイルを埋め込む方式の実用化例としては、 韓国が2013年から開始したワイヤレス給電バス「OLEV」 があります。こちらは総運行距離の5%-15%の区間に充電システムがあれば、必要な電力はまかなえるとしています。
huffingtonpost.jp


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-08-19 15:01 | ニュース・その他 | Comments(0)

スバル 時期インプ?それともレヴォーグのセダン版か?

0000

高速道路のPエリアで駐車されていたスバル車です。
ターボ車の象徴であるボンネット上のエアインテーク、内装をみたところ
レヴォーグのセダン仕様のようです。
他の画像はこちら

読者の いわっき 君からの見立てでは、
「 これは次期インプレッサのテストカーだと思われます。 レヴォーグのセダン版は実質的には現在のWRX S4です。 現行インプレッサG4にレヴォーグのフロントを付けたテストカーですね。 内装もインプレッサのままです。 エアインテークやフェンダーの感じからターボではないと思います。 次期インプレッサは現行よりも、よりワイドになると思われます。 」

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-08-19 11:35 | スバル | Comments(2)

GSユアサ 走行距離2倍の次世代電池を2017年に

ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)は
2017年から独ボッシュや三菱商事と共同開発する
自動車向け次世代リチウムイオン電池を生産する。

0000

電気自動車に搭載すれば、走行距離が従来の2倍になるのが特長で、
3社で設立した合弁会社での開発が進んでいる。
3社は量産に向けて準備を急ぎ、国内外の自動車大手から大型受注を狙う。

GSユアサ、ボッシュ、三菱商事は14年初めに合弁会社「リチウムエナジー&パワー」をドイツに設立し、次世代電池を開発している。EVに搭載される標準的なリチウムイオン電池は1回の充電で走れる距離が200キロメートル程度と短い。次世代電池はGSユアサとボッシュの技術を組み合わせ走行距離を2倍にしながら小型化する。3社で専用工場を新設する方向で協議を進めており、早ければ年内にも生産場所や投資額などを決定。17年から出荷を始められるようにする考えだ。

 GSユアサは国内では三菱商事・三菱自動車、ホンダとそれぞれ共同出資会社でリチウムイオン電池を生産している。同電池事業は量産効果が出始めており、16年3月期に営業黒字への転換を見込んでいる。次世代電池の量産が始まることで、さらなる収益改善につなげる。
日本経済新聞


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-08-19 10:52 | 三菱自動車 | Comments(1)

【動画】スズキ 新型ラパン試乗レポ


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-08-19 10:18 | スズキ | Comments(0)