好調日産に経営リスク浮上 仏政府のルノー関与拡大に懸念

好調な業績を維持する日産だが、
今後の経営にはこれまでにないリスクが浮上している。
資本提携する仏ルノーへのフランス政府の関与拡大だ。

000000000

ルノーのトップも務めるカルロス・ゴーン社長が誇る「世界で最も成功した提携」のバランスが、仏政府の“介入”で崩れる懸念があり、日本政府も仏政府の出方に神経をとがらせる事態になっている。

◆議決権比率28%懸念

「仏政府というナンバーワンシェアホルダー(筆頭株主)のシェアが大きくなっていく。ルノーのガバナンスを見ると大きな問題だ」 2日の中間決算発表会見で、日産の西川廣人チーフコンペティティブオフィサー(CCO)は懸念を示した。

フランスでは、企業の株式を長期保有した場合に議決権を2倍にする新法「フロランジュ法」が成立。これにより、仏政府が持つルノーの議決権比率は来年春に約28%まで高まる見込みだ。 今年4月のルノーの株主総会では、仏政府の関与が強まるのを防ごうと、ルノー経営陣が新法を適用しないよう求める議案を提出して対抗、日産側も支持した。だが、政府はルノー株を買い増して最終的に阻止した。
仏政府は当初、買い増しは一時的なものとして売却する考えを示していたが、継続保有するとの見方もあり、合併などの重要議案を拒否できる議決権の3分の1に近づいている。 ルノーが仏政府の関与が強まるのを嫌うのは、雇用の確保など国内事情を優先するために経営に口出ししてくる可能性が高いからだ。そうなればルノーが43%の株を持つ日産の経営への影響は避けられない。

既にその兆候はある。日産はインドで行っていた小型車の生産の一部をルノーのフランス工場に移管することを決めた。業績好調な日産と対照的にルノーは欧州債務危機以降、苦戦が続いており、ルノーの工場稼働率改善が狙いとみられる。
円安で国内生産の採算が改善しているにもかかわらず、北米向けのスポーツ用多目的車の生産の一部をルノー傘下の韓国ルノーサムスンに委託したり、商用車の生産を日産のスペイン工場からルノーのフランス工場に切り替えたり、同様のケースは少なくない。 業界では「ルノーの利益は日産からの持ち分利益に依存している」(日系メーカー)との見方が大勢だ。 「ルノーの自立性を確保していただきたい。(日産は)ルノーの取締役会と全く同じ考え方を持ち、仏政府にはわれわれの懸念を説明している」 西川CCOは会見でこう強調した。

◆影響力阻止へ対抗策

仏政府への対抗策として浮上しているのが、日産が15%を保有するルノー株に議決権を持たせることだ。フランスの会社法の規定によって、現在は日産に議決権がないが、ルノーの日産への出資比率を現在の43%から40%未満に引き下げれば、日産に議決権が与えられる。 仏政府は反対しているもようだが、実現すれば、仏政府の影響力拡大を阻止するだけでなく、売上高も時価総額もルノーの約2倍の日産がルノーの持ち分法適用会社という“ねじれ”の改善にも近づく。

「政府としてはフランスの法律成立に伴って、日産・ルノーの持ち株構造に変化が生じないように対応に努めている」 菅義偉官房長官は10月22日の記者会見で仏政府を牽制(けんせい)した。ロイター通信の報道などで、日本政府は仏政府が日産・ルノーへの発言力を高めるのを容認しているとの見方が広がっていたが、打ち消した格好だ。 日産は神奈川県や栃木県、福岡県などに生産拠点を持ち、取引先も幅広い。雇用など国内経済への影響力は大きい。

円高の厳しい環境下でも「国内生産100万台」(ゴーン社長)を掲げてきたが、昨年度は国内販売の減少など受け、100万台を下回った。仏政府の事情を優先した結果、競争力が低下すればその影響は日産の業績だけでなく、国内経済にも跳ね返る恐れがある。 経済合理性を物差しに、互いの自主性を尊重するゴーン流の絶妙のかじ取りで日産・ルノー連合は、2014年度に過去最高の38億ユーロに上るシナジー効果の果実を手にしてきた。 日産は今後、フランスの国益のために利用される日本企業となってしまうのか、提携は岐路に立っている。
sankeibiz.jp


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-11-03 12:00 | 日産 | Comments(3)

今年も日本カーオブザイヤーが始まります

000000000


今年も日本カーオブザイヤーがやってきました。
ノミネート車一覧はこちら

三菱自動車は・・・・ ないじゃんっ (゚Д゚)ノ


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-11-02 21:01 | ニュース・その他 | Comments(2)

【動画】スズキ ソリオMZ ハイブリッド 試乗


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-11-02 20:38 | スズキ | Comments(0)

スズキ ストロングHV「エアトライサー」公開

スズキは、「第44回東京モーターショー2015」(2015年10月29日~11月8日)で、
ミニバンのコンセプト車「エアトライサー」を公開した。

000000000

低燃費と走行性能を両立させるためストロングハイブリッドシステムを搭載した他、友人や複数の家族などでの利用を想定し、広い車内空間や自宅のリビングのような座席配置などを実現したのが特徴である。

同社はこれまで、エンジンの駆動をモーターで補助する「マイルドハイブリッドシステム」を採用してきたが、今回のコンセプト車には現在開発中の「ストロングハイブリッドシステム」を搭載した。排気量1.4Lで直列4気筒の「デュアルジェットエンジン」や駆動用モーター、モーター制御ユニット、自動MT(手動変速機)の5速AGS(オートギアシフト)などで構成し、発進時などでのEV走行が可能になる。また、「SX4 S-CROSS」などに搭載している4WD(4輪駆動)システムの「オールグリップ」も採用した。

今回のコンセプト車は3列シートの7人乗りであり、車両寸法は全長4200×全幅1695×全高1815mmと5ナンバーサイズに収まる。代表的な5ナンバーサイズのミニバンであるホンダの「ステップワゴン」などに比べるとひと回り小さい。ただしフロントのオーバーハングを短くすることで、「通常の5ナンバーサイズのミニバンよりもホイールベースを長くした」(同社)という(ホイールベースの値は未公表)。

また、すべての座席が自動で動き、自宅のリビングのような座席配置が可能である。座席の移動に合わせてステアリングが跳ね上がり、広い車内空間を確保した。さらに、運転席側のセンターピラーの裏から天井の一部に、大型のディスプレーを組み込んだ。映画や音楽ビデオ、自分で撮影した写真などのコンテンツをWi-Fiなどの無線ネットワークを使ってスマートフォン経由で取り込み、駐車中にディスプレーに映して楽しむことができる。
techon.nikkeibp.co.jp


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-11-02 20:16 | スズキ | Comments(3)

トヨタ 新型プリウス暫定価格表

000000000


画像はこちらをご覧ください


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-11-02 19:33 | トヨタ | Comments(0)

VW 神奈川三店舗が閉店?

価格.com掲示板より

000000000

「 神奈川県内旧DUO店三店舗の、来年2月の閉店が決まりました。運営会社の神奈川トヨタが、フォルクスワーゲン事業を終了することによるものです。遂に正規ディーラーで撤退するところが出てしまいました。ブランド価値劣化にとどまらず、ディーラー網も脆弱化の道を歩んでいくのでしょうか。尚、上記店舗ではディーラー在庫車の一斉処分を展開中だそうです。アフターサービスは二の次、超特価で買われたい方には、チャンスかもしれません。 
GT Line さん

横浜三店舗というと・・・
VW ニュータウン横浜
VW 藤沢
VW 厚木

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-11-02 10:30 | 海外メーカー | Comments(6)

日産 航続距離570KmのEVを商品化。充電時間も短縮

日産自動車は電気自動車向け(EV)のリチウムイオン電池について、
エネルギー密度を従来比2・5倍とした電池を2020年にも商品化する。

000000000

現行のEV「リーフ」で単純計算すると、
電池のサイズがそのままで航続距離は228キロメートルから
570キロメートルまで伸びることになる。
主要構成部材の一つである正極をこれまでのマンガンとニッケルからなる材料から、マンガンとニッケルとコバルトからなる「3元系材料」に変えるなどして、現行リーフの電池パックとほぼ同じ大きさでありながらエネルギーを多く蓄えられるようにした。充電時間のスピードも1・4倍と早くなる。正極材の変更に合わせて電解液の劣化抑制を最適化し、耐久性も改善したという。EVの課題になっている航続距離の短さや充電時間の長さを解決し、普及につなげる。
nikkan.co.jp

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-11-02 08:42 | 日産 | Comments(15)

【11/1更新】三菱自 新型パジェロについて

海外の paultan.org の記事より。

000000000

Mitsubishi Pajero future uncertain – weight and fuel economy issues plaguing the iconic SUV
Mitsubishi Motors Corporation (MMC) president and COO, Tetsuro Aikawa said that the Mitsubishi Pajero will continue on in its current guise, as it sets to weather an uncertain future, CarAdvice reports. According to Aikawa, the SUV’s fuel economy and weight are key issues, while a replacement model might only come in a few years’ time.Aikawa said at the 2015 Tokyo Motor Show that, “there is an issue about the weight and fuel economy, so the market that we can sell is going to be limited.” He further explained that the company will instead be training its focus towards building front-wheel drive SUVs instead.Also, recently unveiled at the 2015 Tokyo Motor Show is the all-electric Mitsubishi eX Concept SUV. While it previews the second-generation Mitsubishi ASX, the concept could also serve as a broader hint of the future direction in which Mitsubishi’s range of sport utility vehicles might be taking.Aikawa explained further that, “with regard to Europe beyond 2020, and stringent CO2 regulations, rather than this type of vehicle (referring to the Pajero) I think people will look more into vehicles that produce less CO2 and have greater fuel economy.”With the company’s key region being ASEAN, the demand for the Pajero Sport is the main driver in terms of Mitsubishi’s sales. The president stated however, “I’m not saying this is the last Pajero for the time being.”Meanwhile, a new premium SUV will be introduced by Mitsubishi to be slotted in between the ASX and Outlander. It will likely take some cues from the Concept XR-Phev II.
paultan.org

英語の得意な方、お願いします。 m(_ _)m
・・・・ と読者の方にお願いしたら早速EKさんが訳してくれました。
「 新型パジェロは近いうちに 「 RVRと新型アウトランダーの間 」 出るが、そのあとの将来はわからないと書いてあります。 PHEV化については書いていませんが、燃費と重量の問題から発売国は限られると書いてあります。 また最近ではFF式のPHEVに力を入れており、eXでは新型RVRに近い姿であり、三菱自動車がsuvで目指す未来像が示された。  」

ちょっと僕がマイナス方向で見すぎてしまいました。
前文訂正します。

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-11-01 22:05 | 三菱自動車 | Comments(18)