VW ゴルフに1.0Lの直噴ターボ「TSI」を搭載

ドイツVolkswagen社は2015年6月1日、
「Golf」にこれまでで最も効率の良いガソリンエンジンを搭載した
「Golf TSI BlueMotion」を導入すると発表した。

000000

排気量1.0Lの直噴ターボ3気筒ガソリンエンジン「TSI」を搭載し、
6速手動変速機か7速DCT(Dual Clutch Transmission)の「DSG」と組み合わせる。 
同社がモデルシリーズの中で最も効率の良いモデルにつける“BlueMotion”という名称は、これまでディーゼルエンジンの「TDI」モデル、もしくは天然ガスエンジン「TGI」モデルのいずれかだった。ガソリンエンジン「TSI」モデルとしてBlueMotionが付けられたのは今回が初めて。 Golf TSI BlueMotionは、最高出力が4気筒エンジン並みの85kWで、最高速度は204km/hに達する。どちらの変速機でも燃費は23.3km/Lとなり、CO2排出量は99g/kmに抑えた。同じくTSI BlueMotionモデルを導入する「Golf Estate」は23.3km/L、「Golf Sportsvan」は22.2km/Lとなる。Golf TSI BlueMotionは、出力81kW、最高速度182 km/hだった初代「Golf GTI」の性能を上回り、燃費は最初の「Golf TDI BlueMotion」の22.2km/Lを超えた。
techon.nikkeibp.co.jp

00000


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-06-05 13:41 | 海外メーカー | Comments(0)

日産 新顔アルティマのテストカー

日本で姉妹車としてティアナの名で売られている、
アルティマのフェイスチェンジモデルのテストカーがスクープ。
automobilemag.com

000

000000

00000

0000

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-06-05 09:22 | 日産 | Comments(1)

三菱自 最後の「ランエボ」国内外から“復活”望む声

23年間の歴史に幕を下ろす三菱自動車の高性能四輪駆動(4WD)セダン「ランサーエボリューション」。その最後の“ランエボ”となる特別仕様車「ファイナルエディション」が、4月の予約受付開始発表から1カ月超でほぼ売り切れる人気となっている。 一世を風靡(ふうび)したスポーツセダンとして、根強い人気をあらためて証明した格好で、生産終了を惜しむ声は社内外から高まっており、電気自動車(EV)として“復活”するとの見方も現実味を増している。
ファイナルエディションは現行の「X(10)」をベースにエンジンを改良。最高出力は300馬力超で、国産車トップクラスとなる。 販売価格は429万8400円。実車はないが、日本のほか、米国などからも予約があり、限定の1000台は「大部分が埋まった」(同社)という。他社から「台数をもっと多めに設定しておけばよかったのに」との声が聞かれるほど、ランエボファンの多さを浮き彫りにした。

000000

平成4年に初代が発売されたランエボは、まさに世界ラリー選手権(WRC)で勝つために生まれたモデルといえる。  三菱自はWRCに中型セダンの「ギャラン」で参戦したが苦戦。  そこで小さくて軽い「ランサー」に、ギャランの2リットルターボエンジンや4WDシステムを「何とか詰め込んでランエボを作り上げた」(関係者)。  ポテンシャルはすぐに発揮される。  WRCでは8年から4年連続のチャンピオンを獲得し、世界にその名をとどろかせた。

また、「エボリューション(進化)」という名が象徴するように、三菱自の持つ最先端技術が代々投入されてきた。  平成8年に発売された第2世代最初のモデルとなる「IV(4)」は、後輪左右のトルク移動量を電子制御するAYCを搭載し、旋回性能を向上。販売台数は過去最高の1万3134台を記録し、商業的にも成功を収めた。  第3世代の「VII(7)」(13年発売)は速さだけでなく、走りの質感も追求。  14年にはシリーズ初のATモデルとなる「VII GT-A」も用意され、2モデル合わせて約1万4000台を売り上げた。

業界関係者は「15年に出た『VIII(8)』からランエボの位置付けが変化し始めた」と指摘する。
三菱自を象徴するスポーツモデルであることに変わりはなかったが、ルール変更などもあり、WRCに実際に出場する車両とは異なる市販向けの車両になり、海外にも輸出されるようになった。  米国などでは大型化のニーズも根強く、第4世代として19年に発売された「X」は、「ギャラン フォルティス」(海外名「ランサー」)をベースにし、全長や全幅は大きくなった。

一方で、三菱自はリーマン・ショック以降、EVや充電可能なプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動化車両、得意とするスポーツ用多目的車(SUV)やピックアップトラックへのシフトを強める。 ランエボについては顧客ニーズが変化し、販売も頭打ちに。そこで26年、現行モデルを最後に生産を終了する方針を決めた。  Xの平成27年3月末時点の販売台数は1万1634台。 スポーツモデルは少量生産で、世界的に強化される環境・安全規制への対応や開発コストなどが重荷になったとみられる。  ただ、トヨタ自動車が「86」、マツダが「ロードスター」、ホンダが「S660」を発売するなど、ライバルメーカーは相次いでスポーツモデルを投入し、ブランドイメージの向上を図っている。  
「 個人的にはいつか(ラン)エボをEVで出せればいい 」 自らも開発畑が長く、ランエボに愛着を持つ三菱自の相川哲郎社長は打ち明ける。現時点で具体的な計画はないというものの、エボ(EVO)は「EV王」(相川氏)にも通じるという。 実は、ランエボXはPHVの「アウトランダーPHEV」などと共通の車台を採用している。このため、業界では「完全なEVとしてより、PHVとしてなら復活も早いのではないか」との見方も根強い。
bizmakoto.jp


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-06-05 01:35 | 三菱自動車 | Comments(4)

三菱自 五月アウトランダーPHEV販売台数は・・・

000000


https://twitter.com/CyberMagazineX


[PR]

# by ganbaremmc | 2015-06-04 17:15 | 三菱自動車 | Comments(1)

三菱自 新型パジェロスポーツのパテドロ発見

ブログ仲間の T.T 君から次期パジェロスポーツの
パテントナンチャラの画像をいただきました。
以前、こちらの記事 で紹介した予想姿どおりかな。
http://ameblo.jp/tksnt283/entry-12034758011.html

00000

000000

0000

no title

00

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-06-04 09:24 | 三菱自動車 | Comments(4)

スズキ ついに自社開発ディーゼルをインド投入

スズキは3日、自社開発したディーゼルエンジンを
インド市場に投入すると発表した。

000000


従来は欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から技術供与を受けて生産してきた。燃費性能がガソリン車に比べて2割向上するといい、シェア4割で首位のインド市場での車種拡充につなげる。開発したのはエンジン排気量が800ccで、気筒が2つのディーゼルエンジン。まず、インドの小型車「セレリオ」に搭載した。燃費性能は燃料1リットル当たり27.62キロメートルとインドでトップになるという。2気筒エンジンは振動が課題だったが、吸音材の採用などで実現した。インドでは軽油価格が安いことなどからディーゼル車の需要が底堅く、車種拡充が課題となっていた。エンジンの自社生産が成功したことで、インドでより小型で燃費の良い車を販売できるようになる。
nikkei.com
[PR]

# by ganbaremmc | 2015-06-03 19:40 | スズキ | Comments(0)

三菱自 ランエボって完売なの?

ランエボファイナルはもう完売しているのか?
三菱自販に問い合わせてみました。

000000

「 現在在庫のランサーエボリューションのみの販売になります。 
SSTのGSR、5月29日現在 28台 の在庫があります。 
在庫の詳細に関しては、弊社販売店店頭にて確認お願い申し上げます。 」

中部三菱自動車販売株式会社 お客様相談室

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-06-03 18:42 | 三菱自動車 | Comments(3)

【NHKニュース】スズキ 新型ラパンフルモデルチェンジ

自動車メーカーのスズキは、女性向けの軽乗用車を
利用者の意見を取り入れて7年ぶりに刷新し、低迷する新車販売のてこ入れを図りたい考えです。

000000

スズキが3日発表した「アルトラパン」は、
これまで購入者の9割を女性が占める軽乗用車で、
7年ぶりのフルモデルチェンジとなります。
3代目となる今回の車は開発段階から女性を対象に聞き取り調査を行い、さまざまな意見を取り入れました。
例えば、女性の好みに合わせてボディを丸みを帯びたデザインにし、ヘッドライトは丸形にしました。塗装は女性が好む柔らかい色としてピンクとベージュを追加したほか、車に小物を多く載せたいという声に応えて運転席や助手席の前に多くの収納スペースを設けました。
軽自動車の新車の販売台数は、ことし1月から5か月連続で前年割れが続くなど低迷しています。
業界団体の調査では軽乗用車のユーザーの6割を女性が占めているということで、メーカーでは女性への販売促進を通じて新車販売のてこ入れを図りたい考えです。
スズキ国内営業本部の鈴木敏明副本部長は会見で、「国内販売は非常に厳しい状況と認識している。顧客に商品を1台1台支持してもらって販売を増やしていきたい」と話していました。
動画の閲覧はこちら

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-06-03 16:00 | スズキ | Comments(1)