マツダ、ロータリーエンジン復活 トヨタと共同開発の自動運転車

マツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘社長は
16日のインタビューで、トヨタが開発中の無人運搬車両向けに、
バッテリー充電用ジェネレーター(発電機)を動かすロータリーエンジンをマツダが供給すると語った。

20e5d5a8-

毛籠氏はデトロイトで開催中の北米国際自動車ショーに合わせて実施したインタビューで、小型軽量で騒音や振動がなく、燃費も非常に良いため、ジェネレーターを動かすのに非常に適したエンジンだと語った。

マツダのロータリーエンジンは、米ゼネラル・モーターズ(GM)が2011年型シボレー「ボルト」に搭載した走行距離を伸ばす「レンジエクステンダー」のような働きをする。トヨタの広報担当ブライアン・ライオンズ氏は、「e-Palette(イー・パレット)」の自動運搬車両以外にもレンジエクステンダーとしてロータリーエンジンを使用するかどうかなど検討していると述べた。 ブルームバーグ


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-18 19:58 | マツダ | Comments(1)

Commented by フォーリナー at 2018-01-18 21:06 x
結局レンジエクステンダーに落ち着いたんですかね?
以前のロータリー復活の記事で「レンジエクステンダーではない」ような内容を読んだ覚えもあるのですが・・・。