苦戦が続く三菱車拡販のためのテコ入れ策 by.永田恵一

筆者が、苦戦が続く三菱車拡販のためのテコ入れ策を考えます!
by.永田恵一

●デリカD:5
今では当たり前となった自律自動ブレーキの類の設定が皆無なので、設定されればデリカD:5の購入に二の足を踏んでいた人も取り込めるのではないだろうか。

●アウトランダー
7人乗りをアピール。アウトランダーの3列目は、ミドルクラスのSUVながら30分程度の移動ならそう文句の出ない広さを備えており、なかなか使えるのだ。このことを思うとCX-8に便乗でもいいから使える7人乗りなのをアピールしない手はないと思う。

●ミラージュ
春に向け、免許を取って初めてのクルマを買う若い層に向けた車両価格100万円で必要な装備が揃う激安MT車なんていかがだろう。謳い文句とグレード名は「免許取得おめでとうございます、MTで楽しむクルマの世界にようこそ、ミラージュ・ウェルカムエディション」。

18e5d5a8-

●パジェロ
アッと驚くショートボディのオープン追加。
2代目パジェロにはJトップという前席の頭上はキャンバストップ、後席のルーフは幌という仕様があったり、SUVがこれだけ増えると変わったモデルを求める人も増えているのか、レンジローバーイヴォークにはコンバーチブルがあったりという昨今を考えれば、パジェロオープンがあったら面白いと無責任には言えるが、さすがに難しすぎるだろうか。
https://www.webcartop.jp/2018/01/195046

ヤフーにも掲載されていますが、
この記事をみた方たちのコメントが多く寄せられています。
結構、三菱に同情されている方が多いようで。
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/

[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-20 19:32 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by 元三菱ファン at 2018-01-20 23:48 x
三菱自の原点は、バックボーン三菱重工にあり!
つまりは、日本の最先端軍事技術の実用化でありその技術ユニット量産化である。車種など、どれを作ろうがあまり関係ないのだ。売れる?そんな方向ではなく、他社よりも5年10年先の技術水準を示すこと。
すでに自動車に関する技術は飽和状態に近い。
マツダの内燃機開発もすでにGDIエンジン開発時に行っている物のブラッシュアップ=現代版だ。
自動車における最先端機械工学や内燃機工学技術はマツダにバトンタッチしており、国家も三菱自には見向きもしていない。つまりは、もう三菱自の復活?などあり得ないのだ。三菱重工が次なる兵器技術の進化を狙っているのが航空機技術であり、技術開発のリソースはそこに集中させている。内燃機撤退と言える証拠が重工のターボユニットの衰退からも見て取れる。三菱自の最新エクリプスクロスでさえ、ターボはIHI製だ。
Commented by グランドビタ~ラ at 2018-01-21 10:01 x
ターボの世界シェアはIHIより、三菱重工の方が上。
そのエンジンに使うターボをシングルスクロールにしたいからIHI製になっただけでしょ。
Commented by 通りすがり at 2018-01-22 00:23 x
その航空機技術を使って作られたウイングを装着したランエボがいい。
SUVの前にランエボ不可欠でしょう。