トヨタ 次期カローラは新型オーリス似か

先日、新型オーリスが公開されました。
日本では「カローラスポーツ」という名から、セダンも同じ顔ではないかということで、新型カローラを、海外メディアが作成してくれました。
https://www.motor1.com/news/

e0343333_22072762.jpg

e0343333_22072895.jpg

e0343333_18405515.jpg

e0343333_18411472.jpg


e0343333_22102456.jpg

e0343333_22103292.jpg

トヨタ自動車が国内向けに二〇一九年にも全面改良するセダン「カローラ」の車体が、
現行の「5ナンバー」から「3ナンバー」に大きくなる。
安全性の強化などで車の大型化が進む中、小型セダンの象徴だったカローラも一九六六年の初代モデルの発売以来、初めて3ナンバー化する。 関係者によると、一九年にも発売する十二代目カローラは、ハイブリッド車(HV)「プリウス」と同様のプラットフォーム(基本骨格)を採用。プリウスの車幅は一・七六メートルで、十二代目カローラも車幅が一・七メートルを超え、プリウスと同じ3ナンバーになる。 近年は側面衝突に対する安全性を確保するため、ボディーの幅を広くデザインする傾向が強まっている。カローラも全面改良を機に徐々に大型化しており、現行の十一代目(一四九六cc)は、初代(一〇七七cc)と比べて車幅が二十一センチ、全長が五十センチ大きくなった。十一代目の車幅は一・六九五メートルで、3ナンバーとの差はわずか五ミリしかない。 自動車税や重量税の金額は、排気量と重量に応じて定められ、ナンバーの変更が税の負担増に直結するわけではない。 
中日新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2018-03-16 22:09 | トヨタ | Comments(1)

Commented by HOKUTIN! at 2018-03-17 13:28 x
こんなデザインにはなってほしくない・・・。
リヤがイマイチ・・・。
現行カローラのデザインが慣れているからかな?