スバル 新型レガシィのテストカー再び

e0343333_19021938.jpg

記事を自動翻訳してみました。

道路上の完全に新しいスバルレガシー...
スバルは舞台裏で最新の遺産を扱っています。まったく新しい中産階級はテストキロメートルを作るが、車はヨーロッパに来る予定はない。ここでアウトバックは解決策を提供します。
基礎となる現在のスバルレガシィは、すでにここのためにしっかりと進められているか、成果アウトバック、2014年から2017年の日付が米国のモデルは微妙なフェイスリフトを受けたが、それは次世代育成することを意味しています。写真の車はそれを証明し、現在のモデルと比較していくつかの違いを示しています。 Subaruは、SUVの誇大宣伝にもかかわらず、セダンの原則を守り、Legacyにはやや高めのサイドウインドウを持つやや異なるルーフラインを与えます。鼻が高い位置にあるヘッドライトを得て、グリルは間違いなく残りの範囲と同様の形になります。
しかし、スバルはしばしばそうであるように、それはすべて技術に関するものなので、大きなニュースは皮下的なものです。レガシーは、新しいインプレッサが乗っているスバルのモジュラー・グローバル・プラットフォームに基づいています。一連の新しい4気筒ボクサーエンジンも登場します。 6気筒は恐らく2.0気筒に置き換えられ、2.5リットルの排気量を持つターボ過給4気筒が基本エンジンとして機能する。 CVTオートマチックトランスミッションを介して、パワーは4つのホイールすべてに届きます。
autoweek.nl

e0343333_19022811.jpg

e0343333_19023790.jpg

e0343333_19024461.jpg

e0343333_19025100.jpg


[PR]
Commented by 日産乗り at 2018-06-15 13:55 x
これがカッコ良くなって貰わないと困る。
次の愛車候補のNO,1
Commented by 名無し at 2018-06-18 22:27 x
ウエストラインが結構下がってるしボンネット薄くなってかなりスッキリした感じ
by ganbaremmc | 2018-06-14 19:03 | スバル | Comments(2)