2019年型三菱アウトランダーPHEVの性能は

海外の情報サイトで、2019年型三菱アウトランダーPHEVの性能についての記事がありました。

e0343333_22040073.jpg

記事を自動翻訳してみました。

2019三菱アウトランダーPHEVのパワーとレンジの拡大三菱は、機械部品と設計の両方を重視して、2019MYのためにOutlander PHEVを大幅に更新しました。
2.4リッターガソリンエンジンは、121PS(119hp / 89kW)と190Nm(141lb-ft)のトルクの代わりに、135PS(133hp / 99kW)と211Nm(156lb-ft)リアアクスルに動力を与える電動モーターは95PS(94hp / 70kW)になるので、それだけではありません。また、電池の出力は10%増加し、新しい電池を追加することにより、総容量は13.8kWhになります。これらの変更により、2019 Mitsubishi Outlander PHEVは、78mph(125km / h)から84mph(135km / h)の電気的な最高速度に達することができます。 0-62mph(0-100km / h)の加速は0.5秒少なく10.5秒になり、自動車メーカーは最高速度106mph(170km / h)を要求します。同時に、プラグインハイブリッドSUVのゼロエミッション範囲は、WLTPテストのように28マイル(45キロメートル)で、平均で141 UK mpg(117.4 US mpg / 2 l / 100 km )、CO2排出量は46g / kmである。他の機械的な変更には、改訂されたフロントとリアのショックアブソーバ、リターニングされたステアリング比とパワーステアリングECUリマッピング、最新のトラクションコントロールシステム、およびより大きなフロントブレーキディスクの取り付けが含まれます。
三菱自動車は「スノー」と「スポーツ」という2つの新しい運転モードを追加した。最初のものは滑りやすい路面でのローグリップ発進とコーナリング能力を向上させ、もう1つはスロットルレスポンスがよりシャープになり、グリップ性が向上することを約束します。他の機械的な変更には、改訂されたフロントとリアのショックアブソーバ、リターニングされたステアリング比とパワーステアリングECUリマッピング、最新のトラクションコントロールシステム、およびより大きなフロントブレーキディスクの取り付けが含まれます。屋外では、2019年の三菱アウトランダーPHEVは、再設計されたグリル、バンパーエクステンション、新しいフォグランプベゼル、および調整されたLEDヘッドライトを備えた新しいフロントエンドの2トーン18インチマルチスポーク合金をスポーツします。後部には、より大きなルーフスポイラーと再設計されたバンパーエクステンションが特徴です。内部で行われた変更には、改良された快適性と横方向のサポートを備えた新しいフロントシート、オーバーホールされたインストルメントクラスター、Super-All Wheel Controlシステム用の新しいトグルスイッチ、専用の「スポーツ」モードスイッチ、三菱は今年9月、英国をはじめとする欧州市場で、異機種アウトランダーPHEVを発売する。価格と仕様は、発売開始近くで発表される予定です。

e0343333_22040542.jpg

[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-19 22:04 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by mtip at 2018-06-20 10:29 x
大きくなった電池は航続距離より動力アップに使うみたいですね。
ま、それはそれでありかと。
リアの出力が上がると、どんな感じに変わるのか。
違いが体感できるほどなのか。
とりあえず乗ってみたいです。