トヨタ 次期ランドクルーザはV8廃止?!

ついにランクルも2020年夏のフルモデルチェンジを計画しているとトヨタ関係者は言う。
パワートレーンからシャシーまで、すべてが新しくなる。

先代型と現行型で採用されてきたV8エンジンは廃止。

次期型の国内仕様ではレクサスLSに採用されているV35A・FTS型をベースにした3.5LのV6ターボ、そしてこの3.5LのV6ターボのハイブリッドユニットという2本立てになる。つまりダウンサイジングターボ化が図られ、また国産車では初のターボ&ハイブリッド車となる可能性がある。

次期型は新世代パワーユニットの搭載により燃費は大幅に改善されるという。
ハイブリッド車では10㎞/ℓ台を達成してくるはず。

e0343333_20453790.jpg

ラダーフレームも新設計となる。
ボディサイズは、全長4950×全幅1980×全高1920mm、ホイールベース2850mmとなる模様で、これは現行型に比べて全高が約50mm高くなる以外、全長も全幅もホイールベースまで現行型とほぼ同サイズ。

外観のデザインもキープコンセプトになるという。
bestcarweb.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2018-08-20 20:45 | トヨタ | Comments(4)

Commented by 通りすがりの三菱ファン at 2018-08-21 00:39 x
ハイブリット偏重の風潮とはいえ国連御用達の車でもあるからそこまでソフトにはならないかな
あとは日本でも何もついてないグレードを売って欲しい できれば70と併せて
Commented by 名無し at 2018-08-21 03:32 x
高額過ぎてデカすぎて、
オフロードを走らない成金四駆なら、
レンジローバーの方が良いと思う。
Commented by たすたけ at 2018-08-21 06:01 x
直列の方が整備しやすいから直6にならないかな
Commented by 名無し at 2018-08-21 20:26 x
どうせこのクルマ買える層は整備どころか自分でボンネット開けることすらないので安心していいぞ