マツダ スカイアクティブⅩ搭載第2弾はCX―3か

マツダが2019年春以降に順次発売する次世代商品群の第2弾として、
スポーツタイプ多目的車(SUV)のCX―3を検討していることが5日、分かった。

e0343333_21405246.jpg

従来よりサイズを大きくし、
現在の最量販車であるSUVのCX―5に近い位置付けにして世界販売を伸ばす。

マツダは次世代商品群で、新しい低燃費エンジンや車両技術、デザインテーマを採用する方針。
第1弾は、来年3月までにセダン系のアクセラを投入するとみられる。
CX―3はアクセラをベースとし、開発の効率化も狙う。
発売の時期は不明だが、マツダはこれまで、モデルチェンジした主要車種をおおむね1年に1車種のペースで市場投入している。 中国新聞


[PR]
Commented by nabe at 2018-11-07 14:15 x
CX-3ですか!
情報ありがとうございます!
アテンザは当分先ですね…
Commented by 田舎者 at 2018-11-08 15:16 x
デミオからアクセラベースに変更ですか。CX4を持って来てCX3として売るのかな。
Commented by 名無し at 2018-11-09 19:12 x
そもそも次のデミオもアクセラベースだぞ
デミオCX-3アクセラがマツダの小型車プラットフォーム
Commented by 名無し at 2018-11-11 02:04 x
日本でよく売れ、米でそこそこ売れるコンパクトSUVを今のままみすみす放置するのは、よろしくないからね。
これでCX-3は、全長4450程度の世界的に見て一般的なコンパクトSUVのサイズになる。

アテンザは早くて2020ぐらいじゃないかな。或いは2021の初頭
理由はCX-Xが2021という話。
米専用のCX-Xは、きっと米で一番売れるミドルサイズ、FFのアフォ―ダブルなSUVでしょう、大きさは現行のCX-5を15cmほど延ばした感じの車だと予想。
わざわざそれを出すということは2021年にCX-5はFRのミドルサイズになるということ。そのベースとなるアテンザはそれよりも一足先にだね。
by ganbaremmc | 2018-11-06 21:41 | マツダ | Comments(4)