三菱 次期パジェロの開発が暗礁?海外での販売も縮小か


Mitsubishi Pajero development on pause
三菱パジェロの一時停止の開発


国内ではショートに続き、それ自体の販売も終了する動きがありますが、
海外でも例外ではないようです。
そんな記事を見つけました。

記事を自動翻訳してみました。

パイプラインには何もなく、現在のモデルの時間は短くなります。しかし、バッジは中断して戻ってきます。
三菱にはまだ開発中のPajeroがなく、現在のバージョンは安全性のために長く生きることができず、現在のモデルの20年の走行の終わりがますます多くの国で排出規制が迫っている。
このような大きくて丈夫で手頃な価格の4x4の世界市場は、人々がより柔軟なクロスオーバーを選択するにつれて実際に戦っています。そして、すべての法的要件を満たすものを作るコストはこれまで以上に急激です。パジェロは既にヨーロッパから引退しているが、三菱オーストラリアはまだそれを販売している。
しかし、再建されたPajeroの可能性のある中断の後の見通しを排除しないでください。大きな疑問は、それはどんなタイプの車両でしょうか?
現在、三菱は、厳しい時期を経て有益な会社になることに重点を置く必要があると言います。大規模なルノー・日産三菱連合の一環として合意した目標を達成する必要もあります。
幸いなことに、新しい運用管理の下でこれを行うには軌道に乗っており、そのモデル範囲が高齢化しており、売上高が大きく依存しているため、研究開発費を中期企業計画より50%上げることを約束していますそのブランドを構築する代わりに、価値の高い価格設定を可能にします。
この健全な立場は、2020年以降の次の計画段階の一環として、かつては支配的だった分野への拡大を視野に入れることを意味します。さらに、同盟が与える規模を活用して、Pajero-スタイルの車両。
日産はY61パトロールの後継者を望むかもしれないし、Y62のような特大の米国/中東に焦点を当てたマシンではないこの型の厳しい高級SUVを作るメリットを見いだすかもしれない。
しかし、常に三菱がパジェロの名前を都市に焦点を当てたものに変えるチャンスがあります。偉大なSuper All-Wheel Controlシステムで、次の日産パスファインダーとプラットフォームを共有します。
「パジェロに対する情熱はまだ残っています」と、MMCのCOO Trevor Mannが今週私たちに語った。 Mannは英国の日産同窓会で、パートナーと交わっています。
「私たちはまだポジションを固めていませんが、心が本当にやりたいことであり、エンジニアがやりたいことです。適切なビジネスケースがあることを確認する必要があります。

もう一度そのフレーズがあります。 その鍵は、プラグインハイブリッド技術を拡大することであろう。これは、アライアンスのPHEV開発ハブであるという事実によって容易になるだろう。その二重モーターアウトランダーPHEVは、ヨーロッパと日本で大きな打撃を受け、 結局、新しい地面。
"そのセグメントは、主に排出規制のために縮小しているので、私たちが何かをしたときにそれが有益になるようにする必要があります。 ハイブリッドは私たちがそれをするのを助けますか? 理論的にはい。
「しかし、我々は次のステップに進むために研究開発費を費やすことができる完全なビジネスケースを持っていますか? まあまあ。 私たちは食材を持っていますが、まだ一緒にオーブンに入れていません」とマンは言いました。
だから要約すると、 三菱商事は、大量のプロジェクトを犠牲にしない限り、すぐにPajeroを撤退させる必要があります(私たちは正確な時期を知りません)。 しかし、それは望んでいて、うまくいけばエンジニアが最終的に議論に勝つことを望みます。 多分日産が助けてくれるかもしれない。
caradvice.com.au

e0343333_20191930.jpg

https://twitter.com/autorepo_editor/status/


[PR]

by ganbaremmc | 2018-11-14 20:19 | 三菱自動車 | Comments(7)

Commented by 名無し at 2018-11-14 20:43 x
馬鹿デカくなれば重く鈍く高くなる。
もうパジェロは高級路線はやめて、
サイズは初代・2代目に戻して、
南米ダカールラリーで活躍した
ミニのラリーカーみたいなの造ろう。
ミニバンで言うと、アルベルではなく
誰にでもお手頃なノアボクにしよう。
フリードくらいでも良い。
高性能ながら庶民的で実用的なのが
沢山売れて儲かる。

Commented by ああ... at 2018-11-14 20:57 x
ますます絶版の噂の現実味が増してきちゃうね...
Commented by ぽん at 2018-11-14 21:17 x
悲しいヶな。時代の流れですかね。
欧州はEuro5以前のディーゼル車を都市部から締め出す動きがあるし、今更三菱もEuro6対応のディーゼルエンジンをすることもなかろう。
詰まるところ、載せるエンジンがない。これでは次期パジェロを作りようはない。
しばらくは、パジェロスポーツでお茶を濁して、アウトランダー等PHEVに集約かね。
Commented by スバル軽乗り at 2018-11-14 21:33 x
1の名無しさんへ
いっそパジェロはパジェロミニまで小さくしよう。ノアボクではなくスパーキー/アトレー7にしよう。
Commented by 名無男 at 2018-11-15 06:53 x
何かにつけて昔に戻そう、小さくしようという論調こそ非現実的だと思うがな
Commented by at 2018-11-17 10:29 x
デリカ改良するのが精一杯で、結局んとこ電動化の行き着く先がこれ。国内専売のデリカ選んでパジェロ捨てるのかアホやな
Commented by ワールド at 2018-11-18 09:40 x
早い話が、ここ10年ほど、何もやってなかったということです。これでよくコンセプトカーばかりのモデルチェンジに力はいってるなーと感心します。
三菱自動車は先行開発はそれなりにやってるんでしょうが、そこで終わり。ラインナップは相変わらずOEMとわずかなSUVで今後数年間、何も変わらないと思います。