三菱自COO「パジェロに電動化は不可欠。日産との共有は無理」

海外の記事で、三菱自動車COO マン氏の取材が掲載されていました。
想定以上の環境規制で、パジェロの存在自体が怪しくなるような内容でした。

e0343333_23124042.jpg

要点だけ訳したものがこちら
https://twitter.com/autorepo_editor/

記事を自動翻訳してみました。

三菱パジェロ銘板の未来はCO2に左右される
そして、排出規制を強化することは、現在の三菱パジェロを殺すようになっている
より厳しい排出規制が今年の三菱パジェロ市場を閉鎖し始めた。将来のPajeroには、排出規制を満たすための電化を含める必要があるという。
最近の2019年の三菱トライトンのバンコクでの報道によれば、三菱商事のグローバルトレフマン社長は、同社はパジェロの未来を決定するうえで奮闘していると語ったが、それはすべての現在および将来の排出規制を確実に満たすことにある。
"我々はまだ我々の立場を固めていない。エンジニアが本当にやりたがっていることが、私たちの心が本当にやりたいことですが、適切なビジネスケースがあることを確かめなければなりません」と彼は言いました。
ご存知のように、そのセグメントは実際には排出量のために実際には縮小しているので、我々が何かをするときには適切に行い、排出量に関しては将来的に証明できるようにする必要があります。
Mannはハイブリダイゼーションが答えであるかどうかを尋ねましたが、肯定的だが条件付きで答えました。数字は積み重ねる必要があります。
"手がかりのいくつかはあなたの質問にあります...ハイブリッドは私たちがそれをするのを助けることができますか?理論上、はい、ハイブリッドは私たちがそれを達成するのを助けます。
"しかし、我々は今、私たちが研究開発費を費やして次のステップを踏み出すことを可能にする完全なビジネスケースを持っているのかどうかは明らかではない。私たちはテーブルの上に食材を持っています。我々は、私がそれらの類推を使用することができれば、それらを混ぜ合わせずにオーブンに入れた。
「情熱はまだ残っています...あなたが好きなら、「パジェロ・ネクスト」に。
ルノー・日産三菱連合のすべてのプラットフォームと同様に、「パジェロ・ネクスト」のためのその混合物の一部は、将来のパジェロがどのようなプラットフォームで共有できるプラットフォームにかかっている。
Pajero以外のアライアンスの本に載っている唯一の大型デュアルレンジSUVは、日産のY62 Patrol / Armadaです。
しかし、マンは、パジェロが現在のアルマダとプラットフォームを共有することは考えにくいと示唆した。
「我々はまだこの車両をどのように配置するかを決めているが、顧客基盤は武装勢と異なる。
一方、1999年のNMシリーズの新シートデザインとして世界的に最初に見られたPajeroは、ますます厳しい排出規制に対応できないため、市場から撤退するようになっています。
例えば、3.2リットルのディー・ディー・ターボ・ディーゼルが厳しいユーロ6.2の排出レベルを満たすことができなかったため、ヨーロッパのパジェロの販売は8月に停止した。
9月の欧州連合(EU)加盟国すべての新規登録では、ユーロ6目標と現実の排出ガステストを結びつけるプロセスの基本的なステップであるワールドワイドハーモナライズライトビークルテスト手順(WLTP)の規制が導入されました。
三菱オーストラリアのPRボス・カール・ゲーリング氏によると、オーストラリアは「2年後」の排出規制のためにパジェロの販売をやめるためにヨーロッパの指揮をとる必要がある。
「ユーロ6の法制化の時期はまだないため、オーストラリアには少なくとも2年はいる」
オーストラリアのユーロ6排出基準の導入については、ユーロ6の実施、燃料品質基準、燃料効率測定、排出ガス試験などの問題を検討するために、ポールフレッチャー(Paul Fletcher)大臣が議長を務める閣僚フォーラムで議論されている。
草案の規制影響声明は昨年発表されたが、将来のオーストラリアの排出規制に関する更なる決定は発表されていない。
motoring.com.au


[PR]

by ganbaremmc | 2018-11-14 23:12 | 三菱自動車 | Comments(0)