カテゴリ:トヨタ( 825 )

国沢氏 トヨタプリウス、改良したのに目標台数を半減

新型「プリウス」のデザインはユーザーからどう評価されるのでしょうか? 
個人的には「プリウス」をベースに変更するので無く、
「プリウスPHV」をベースにしたらよかったと考えます。

e0343333_20465347.jpg

トヨタもこのあたりは認識しているらしく、販売目標を1万2000台から6600台に落としてきました。現行プリウスは、マイナーチェンジじゃ対応出来ないほどの課題を抱えてしまっており、企画段階からいろんな意味で失敗したのかもしれません。 ・・・・・・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2018-12-18 20:47 | トヨタ | Comments(2)

【追加】トヨタ 改良プリウスのカタログ

右に価格一覧画像がありますよ。



e0343333_19564169.jpg

https://twitter.com/task2525/status/107


[PR]

by ganbaremmc | 2018-12-17 19:57 | トヨタ | Comments(4)

トヨタ 次期プリウスは大幅路線変更?

e0343333_20485899.jpg
e0343333_20490339.jpg

https://twitter.com/autorepo_editor/status/1


[PR]

by ganbaremmc | 2018-12-13 20:49 | トヨタ | Comments(11)

トヨタ 新型スープラ市販姿ついに

e0343333_20052766.jpg


https://www.supramkv.com/2020-toyota-supra


[PR]

by ganbaremmc | 2018-12-12 20:05 | トヨタ | Comments(4)

【動画】トヨタ 新型スープラ試乗 by.河口まなぶ



トヨタ新型スープラのプロトタイプに試乗する機会を得た。
袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されたプロトタイプ試乗会に、河口まなぶも参加。
そこで来年登場と言われているトヨタの新型スープラのプロトタイプを試すことができた。
BMWとの共同開発によって誕生したこのモデルは、3.0Lの直列6気筒ターボ・エンジンを搭載し、8速ATを組み合わせたFRの新世代スポーツで、ポルシェ・ケイマンSをベンチマークに設定して開発されてきたと言われている。果たして、初乗りの印象は? 
残念ながらウェット路面でのテストとなったが、河口まなぶはどんな風に感じたのか?

[PR]

by ganbaremmc | 2018-12-08 21:13 | トヨタ | Comments(3)

【動画】トヨタ 新型プリウス発表&内装チェック






[PR]

by ganbaremmc | 2018-11-29 19:49 | トヨタ | Comments(2)

トヨタ 2019年型プリウス公開

e0343333_19542702.jpg


https://www.autoblog.com/amp/2018/11/28/toyota

e0343333_19543761.jpg

e0343333_19543238.jpg

e0343333_19545121.jpg

e0343333_19550363.jpg

読者のパンデミックさん、
ありがとうございます。

[PR]

by ganbaremmc | 2018-11-28 19:55 | トヨタ | Comments(5)

トヨタ 改良プリウスの価格判明

e0343333_18053588.jpg

e0343333_18053928.jpg

12月17日にビッグ・マイナーチェンジされるプリウスの税込み価格がわかった。
<2WD>
Eグレード 251万8560円(現行モデル比8万9542円高)
Sグレード 256万5000円(現行モデル比8万5909円高)
・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2018-11-26 18:05 | トヨタ | Comments(2)

トヨタ、プリウスを一部改良へ 打倒ノートへてこ入れ

トヨタ自動車が主力のハイブリッド車(HV)「プリウス」を
年内に一部改良して発売することが24日、分かった。

e0343333_22171847.jpg

デザインなどを大幅に変える。
平成30年度上期(4~9月)の国内の登録車(軽自動車を除く)販売では、日産自動車の小型車「ノート」の強さが際立っており、トヨタはプリウスのてこ入れで巻き返しをはかる。30年度末にかけて、日産との販売競争が激しさを増しそうだ。  関係者によると、プリウスは12月に一部改良して発売する。27年に投入された現行の4代目プリウスは鋭くとがったヘッドライトや縦長のテールランプなど、「個性的すぎる」(業界関係者)デザインで好き嫌いが分かれていた。それでも28、29年度は登録車で販売首位だったが、30年度上期は前年同期比30.9%減と勢いが衰えている。発売から3年を経て、3代目までのプリウスに近い落ち着いたデザインに変更する。また、自動ブレーキなどの安全装備も充実させる。  プリウスは世界初の量産HVとして初代モデルが投入された9年以降、トヨタの国内販売を背負ってきた。登録車の車名別販売台数でトヨタ車は、プリウスと小型HV「アクア」により、29年度まで9年連続首位を続けている。 産経新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2018-11-24 22:17 | トヨタ | Comments(0)

トヨタ 次期ランドクルーザーにはHVもディーゼルも用意

次期ランクルは、2020年に登場する予定で開発が始められている。
前時代的なV8エンジンに代わって、TNGA世代のV6ユニットの搭載が決まっている。
ハイブリッド機構の起用と並んで注目を集めそうなポイントが、
国内向けへのディーゼル再設定だ。


e0343333_21582195.jpg

デザインの開発も進んでいるが、思わぬ壁にぶつかっているという。
内情に詳しい関係者によると、デザイン部から提示された案が、
役員会の審査で「要再考」との結論に至り、差し戻されたようだ。
・・・・・・・・・・・・続きはこちら



[PR]

by ganbaremmc | 2018-11-23 21:58 | トヨタ | Comments(2)