カテゴリ:スバル( 341 )

スバル 新型3列シートSUV「アセント」価格

米国専用車で新型3列シートのSUV「アセント」の発売が今夏、
価格は日本円で335万円程度になりそうです。

1

記事を自動翻訳してみました。

2019年スバル・オーセント、32,970ドルでスタート、今夏に到着
スバルはBarkleyのスポークスドッグのファミリーを使って、新しい3列SUVのAscentについてのマーケティングメッセージを出しているが、今まではクロスオーバーの価格についてタイトになっていた。 Subieは今モデルが今夏発売されると、2019年の上昇が$ 975の目的地の後に$ 32,970の基本コストを運ぶことを発表しました。
料金設定では、アウトバックを考えている誰かがAscentを簡単に訪れることができます。同社の既存の小型クロスオーバーのミッドレンジ・リミット・トリムは、仕向け後33,610ドルで、プレミアムは、ステップダウンの範囲で28,910ドルとなります。
スバルは、ベース、プレミアム、リミテッド、ツーリングの4つのトリムレベルでアサインを提供します。すべてのモデルは、260馬力(194キロワット)と277ポンドフィート(376ニュートン・メートル)のトルクで、新しい2.4リットルのターボチャージャー・フラット4気筒エンジンを共有します。それは8スピードの走行モードでアップグレードされたCVTを通る。トルクベクタリングを備えた全輪駆動も標準です。
SubieのEyeSightドライバ支援技術のバージョンも標準です。この技術には、プリコリジョンブレーキングとスロットル管理、適応クルーズコントロール、車線逸脱警告、トレーラー揺れ警告などがあります。追加の安全オプションとしては、死角検出、車線変更アシスト、後部交通警報、ハイビームアシスト、逆自動ブレーキなどがあります。利用可能なヘッドアップディスプレイにEyeSightシステムの警告が表示されるようになりました。
内部には、すべてのモデルがAndroid AutoとApple CarPlayをサポートする6.5インチのインフォテイメントシステムを搭載しています。また、4つのUSBポート、3ゾーンの自動空調、19のカップホルダーがあります。座席の2番目と3番目の列は、貨物を運ぶために最大限の適応性を得るために60:40に分割されています。オプションの2列目のキャプテンチェアは、より高いレベルのトリム用に無償でご利用いただけます。
バイヤーは$ 35,170のためにプレミアムトリムにアップグレードし、いくつかのより良いアメニティを得ることができます。インフォテインメントシステムは8インチに拡大します。さらに、運転席はステアリングホイールとシフトノブ用のパワーシートと革製のパーツを手に入れます。後部の乗員には独自の気候調節機能があります。
範囲の上の次のステップは$ 39,970のための限られたトリムです。それはすべてのプレミアム機能を含み、さらに多くを追加します。外側には、ステアリングに反応するLEDヘッドライト、LEDフォグライト、追加のクロムアクセント、20インチホイールがあります。キャビンには革張りの布張り、調整可能な大腿部のサポート付きの運転席、2列目のドアのサンシェード、パワーハッチバックがあります。
最後に、レンジトッピングツーリングは45,670ドルの費用がかかりますが、SUVにはさらに多くの機能が搭載されています。例えば、サイドミラーには統合されたターンシグナルがあり、フロントアンダーボディガードとリアバンパープロテクターにはクロムがあります。内部には、木製のトリム、換気されたフロントシート、ナビゲーション、14スピーカーステレオ、パノラマムーンルーフがあります。

motor1.com

[PR]

by ganbaremmc | 2018-02-16 21:47 | スバル | Comments(1)

スバル、HV再投入 世界の燃費規制強化睨み

スバルは、ハイブリッド車(HV)を再投入する。
北米市場での伸び悩みなどを理由に現行モデルではHVを設定していないものの、世界各地で導入される企業平均燃費(CAFE)の規制対応を目的にHVを追加。これまで導入していない欧州や中国などで販売する。スバルでは環境規制対策としてプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)の投入を計画している。同時に燃費改善に効果的で台数を稼ぎやすいHVの販売も積極化することで世界各地の環境規制に対応していく。
日刊自動車新聞 より

1


[PR]

by ganbaremmc | 2018-02-14 19:40 | スバル | Comments(0)

スバルBRZ STIコンセプトが格好良すぎる話題に


3

https://twitter.com/clover_z_1225

4

1

5

2


[PR]

by ganbaremmc | 2018-02-12 19:17 | スバル | Comments(0)

【更新】スバル 新型PHV搭載車を今年中に投入か

Subaru to debut new plug-in hybrid model this year
スバル、今年の新型プラグインハイブリッドモデルをデビュー

海外の情報サイトで見つけた記事です。

13ebbce2

Autoblog Japanで日本語版がありました。

スバルは、今年中に全輪駆動のプラグイン・ハイブリッド車(PHV)を米国で発売する予定であり、それを念頭に現在は日本の自動車メーカーや部品メーカーとの提携を進めている。同社によれば、新型PHVは現行車の派生モデルになるというものの、どの車種がベースになるかは明かされていない。
要となるハイブリッド技術はトヨタ「プリウスPHV」から移植されるというが(トヨタはスバルの株式を約17%保有)、スバルの縦置き水平対向エンジンは維持するようだ。
プラグイン・ハイブリッドのスビー(スバルの米国での愛称)は日本で生産されることになるだろうから、群馬県の工場で製造されている「XV」か「フォレスター」が有力候補と思われる。XVは昨年モデルチェンジしたばかりであり、フォレスターは年内に新型が登場するとみられている。新たに投入されるのがXV PHVだとしたら、XVにとっては2度目のハイブリッド化ということになる。スバルは2013年に「XVハイブリッド」を発売したが、売れ行きが鈍く2017年に廃止した経緯があるのだ。
プリウスPHVから大部分を移植するなら、スバルの新PHVは容量8.8kWhのリチウムイオン・バッテリーを搭載し、家庭に200ボルトの電源を設置すれば約2時間20分で満充電できることになる。プリウスPHVのハイブリッド燃料消費率は37.2km/L、電気のみによる航続距離は68.2km(いずれもJC08モード)だが、スバルは全輪駆動だからこれらの数値は違ってくるだろう。米国ではまず、カリフォルニア州のZEV(無公害車)規制に準じる10州で販売を開始するという。
スバルによるPHV投入は、同社が4年前に発表した排出ガス削減に向けた複数年計画の一環だ。スバルは2020年にトレードマークの水平対向エンジンに気筒休止機構と熱効率に優れたアトキンソンサイクルを取り入れる見込みであり、その一方で同じ頃に欧州とオーストラリアにおけるディーゼル車の販売を終了する。同社初の電気自動車(EV)は2021年に登場する予定で、既存ガソリン車の電動版になるとみられる。EVの研究に本腰を入れ、比較的少ない研究開発予算をさらにやりくりするため、スバルは昨年、トヨタ、マツダ、デンソーが設立したEV技術開発の新会社「EVシー・エー・スピリット」にスズキ、ダイハツ工業、日野自動車と共に合流している。
Autoblog Japan

[PR]

by ganbaremmc | 2018-02-12 18:38 | スバル | Comments(3)

2017年4~12月期連結決算 マツダは増益。スバルは減益

マツダの2017年4~12月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比8%増の1100億円程度になりそうだ。利幅の厚い多目的スポーツ車(SUV)の販売が伸び、為替の円安が利益を押し上げた。一方、SUBARU(スバル)は完成車の無資格検査に関連する費用増などが響き、17年4~12月期の営業利益は2%減の3000億円程度にとどまりそうだ。 日本経済新聞

17e5d5a8-

マツダの売上高は5%増の2兆5000億円程度。
稼ぎの米国ではセダン系は振るわなかったが、CX-5が大幅増。
日本ではCX-8が好調。
中国での販売もよく、ユーロ安による恩恵で純利益が増加するようです。

スバルは発覚した無資格検査で、関連費用が膨らみ、減益となるが、
通期の業績予想は据え置くようです。


[PR]

by ganbaremmc | 2018-02-04 19:07 | スバル | Comments(5)

【更新】マガジンX、スバルの広報部幹部と話す


2018-suzki-jimny-leaked-official-image

アイサイト問題でスバルを直撃!
モービルアイを使うかどうか決まっていない。アイサイトの基本的な部分は変わらない。

スバルの広報部幹部と65分話した。
退職者数については、・・・・・・・・・続きはこちら

59a4cc2299

【おまけ】ネズミが体を洗っている!


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-30 22:09 | スバル | Comments(10)

【動画】スバルBRZ STI Sport 試乗 by.土屋圭市&山田弘樹





「スバルBRZ」の新たな最上級グレード「BRZ STI Sport」に、モータージャーナリスト・山田弘樹が試乗。「フレキシブルVバー」「フレキシブルドロースティフナー」といったスペシャルアイテムや、専用仕立てのSACHS製ダンパーを得たことで、BRZの走りはどのように変化したのか? これまでさまざまなBRZを経験してきた同氏が、その走りの印象をリポートする。



スバルのモータースポーツ部門を手がけるSTI。そのSTIが手がけたBRZが誕生した。走りを磨き上げたBRZ STI Sportの走りはいかなるものか? FR車といえばこの人、ドリキンこと土屋圭市さんにインプレッションをお願いした。

[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-30 20:53 | スバル | Comments(0)

スバル 現行アイサイトでデンソー製フュージョンシステム採用を検討していた


2018-suzki-jimny-leaked-official-image



2015年春から2016年にかけて、一度アイサイトver.3で、独自開発のステレオカメラを捨てて、デンソーのフュージョンシステムを採用する計画が持ち上がったことがある。デンソー製のフュージョンシステムの切り替えを検討していたのは、自社開発のステレオカメラはコストが高く、デンソーの吊るし品の方がコストが安くなるとの判断があった。
この時は一年かけて・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-24 23:37 | スバル | Comments(5)

スバル・レガシィ アウトバック試乗 by.河口まなぶ



昨年大幅改良されたスバルのアウトバックに試乗した。
年次改良以上に大幅な改良受けたアウトバックの走りはいかに?
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-23 19:54 | スバル | Comments(0)

スバルの燃費データ書き換え疑惑。組織的関与なし。

SUBARU(スバル)が、自動車の生産で燃費データの書き換えが行われた可能性があり調査している問題で、疑惑の対象となっている車両は現時点で少なく、数台にとどまることが19日、分かった。発表から20日で1カ月がたつが、組織的関与は確認されておらず、経営への影響は限定的となる公算が大きくなっている。

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

吉永泰之社長は15日、「ご心配をかけているがきちんとする」と強調。
年度内に調査を終え、内容の公表を目指すとした。
同社は新車の無資格検査問題で昨年12月19日に国土交通省に報告書を提出した。翌20日、報告書をまとめるための聞き取り調査で燃費測定の計測値の変更行為があったとの完成検査員の発言があったことを明らかにし、外部の専門家を交えて調査に入った。
これまでの調査では、書き換えに関する発言をした従業員は1人しか確認されていないもようだ。
三菱自動車の燃費不正では、開発時に国に届け出たデータに不正があったため影響が大きかったが、スバルの疑惑は燃費の測定結果がばらつきやすい新車生産の立ち上げ時のデータが対象。測定では平均値が一定の範囲に収まるかをみるが、数百のデータを取るため、一部が改竄(かいざん)されても平均値はあまり変わらない可能性がある。
自主的に行う燃費測定のため、リコール(回収・無償修理)にもつながらない見通しだ。
産経新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-20 18:30 | スバル | Comments(6)