カテゴリ:マツダ( 688 )

マツダ車で世界一売れているクルマは

マツダ世界販売 2017年度
■1位:マツダ CX-5/44万5050台
■2位:マツダ 3(日本名:アクセラ)/44万2173台
■3位:マツダ CX-3/15万9716台
■4位:マツダ 2(日本名:デミオ)/15万6443台
■5位:マツダ 6(日本名:アテンザ)/15万1629台

https://bestcarweb.jp/feature/column/2888

e0343333_21401044.jpg

[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-19 20:59 | マツダ | Comments(0)

国沢氏「マツダと日大アメフト部は似ている」

昨今のマツダを見ていると、日大のアメフト部によ~く似ている。

e0343333_20131807.jpg

理事長のような役割の人と、前監督のような役割の人、そしてコーチのような役割の人が見事に揃ってます。
今後、ドンドン脱線していくと思います。
掲載元はこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-19 20:13 | マツダ | Comments(3)

マツダ CX-8が12月に改良

e0343333_21032884.jpg

ディーラーに行って聞いたのですが、
発売から1年後の12月にマイナーチェンジがあるようです。
聞いた所では、マツコネが8インチになるのと、
ついに2.5Lのガソリンが追加されるようです。アメリカ仕様の2.5ターボだと聞きました。
CX-8で2.5NAは流石にキツいですよね。

2018/06/17 16:28 価格com やまぱー さん



[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-18 19:21 | マツダ | Comments(4)

【動画】マツダ・アテンザの主査にインタビュー



6月21日に発売が予定されている、大幅改良を行ったマツダ・アテンザ。
「走る歓び」をユーザーがもっと得られるよう、質感や性能を大幅に向上している。
その発売を前にマツダ商品本部主査の脇家 満さんにインタビューを行った。
アテンザに込めた思いを語っていただいた。

[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-17 20:03 | マツダ | Comments(0)

マツダ 新型ファミリアバンがプロボックスに

e0343333_01173739.jpg
e0343333_01174258.jpg

画像はこちら https://twitter.com/CrisistaLIMITED/

e0343333_01174828.jpg

画像はこちら https://twitter.com/hokutinthecar/



[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-17 01:20 | マツダ | Comments(8)

【動画】マツダCX-3 ガソリン2.0仕様を試乗 by.msj 松下自動車



2017年6月にCX-3に追加されたガソリンエンジン版に試乗しました!
ハイクオリティなデザインと質感はそのままに、
走る楽しさに拘り抜いたその妥協なきプロダクトは圧巻の一言です。

こちらは車を選ぶならくるすぺ さんより
1.8ディーゼルの試乗レポ


[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-15 20:55 | マツダ | Comments(0)

マツダ 次期アクセラ 「SKYACTIV-X」搭載で11月発表か

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載が期待される
Cセグメントコンパクト『アクセラ』(海外名:マツダ3)次期型に関する最新情報を入手した。
今回入手した最新情報は、肝心のパワートレインに関するものだ。

e0343333_22054118.jpg

次期型アクセラに搭載される「SKYACTIV-X」エンジンは、
1.5リットルと2リットルの直列4気筒エンジンになるという。
そのスペックは最高出力187ps、最大トルク230Nmを発揮するようだ。さらにマイルドハイブリッドの採用も囁かれているという。2017年に発表されたSKYACTIV-Xは、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」により、現行ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」と比べ、最大で20~30%出力アップする他、トルクも最大30%向上する。さらにガソリンエンジンでありながら、ディーゼルエンジン並みの燃費性能も実現する。この“究極”のエンジンを搭載する第一号が、次期型アクセラと予想されている。エクステリアは、2017年東京モーターショーで初公開された『魁コンセプト』をベースに「SKYACTIV-Vehicle Architecture」(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)を採用し、魂動デザインが息を吹き込む。今回制作したCGでは、魁コンセプトをベースとしながら、サイドのアンダー部分に張り出しを持たせ安定性をアップ。フロントはアンダー、サイドの吸気口を大型化してライト周りを囲むように大型LEDを配置。また、グリルと一体化したヘッドライトとの構成で立体的なデザインを表現、シンプルかつ上品な顔つきとしたがいかがだろうか。SKYACTIV-Xの量産は2019年と公式に発表されている。次期型アクセラの登場も、これに合わせた形になるはずだ。気になるそのワールドプレミアは、今年11月のロサンゼルスモーターショーになる可能性が高い。 response.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-13 22:06 | マツダ | Comments(6)

マツダの後輪駆動車についての諸情報 by.国沢光宏

マツダが後輪駆動車を作っている、という情報は以前に紹介した。

e0343333_20065351.jpg

ポジショニングだけれど、アテンザの上になるらしい。この上となれば日本だとクラウン。
V6の生産ラインを作るより直列6気筒の方が投資少なくて済むようだ。
驚いたことに現時点ではディーゼルと圧縮着火エンジンを考えているという。
・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-13 20:07 | マツダ | Comments(1)

国沢氏「マイチェンしたマツダCX-3、業界での評判悪くて驚く!」

e0343333_20384327.jpg

マイナーチェンジしたCX-3のギョウカイでの評判が悪い。
同業者によれば、どうやらタイヤを車体の一部と考え、専用設計したという。
・・・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-12 20:38 | マツダ | Comments(0)

【動画】マツダ 4度目の改良、CX-3試乗 by.河口まなぶ



マツダのCX-3がまたもや改良を受けた。
これでデビューから都合4回目となる改良では、ディーゼルエンジンを1.5Lから1.8Lへと排気量アップして、さらに扱いやすさと燃費を良いものへと進化させた。また2.0Lのガソリンエンジンも、よりレスポンス良く燃費に優れたものへと進化させている。さらに静粛性はボディの板厚、ガラスの板厚まで変更する徹底ぶり。また足回りもリファインしたと同時に、タイヤまで専用開発品を入れて乗り心地をさらに向上するなどしている。
自動車ジャーナリスト・河口まなぶはどのように評価したのか?

[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-11 20:29 | マツダ | Comments(0)