テスラ モデルSを購入後1万キロ越えました

テスラ モデルSを購入後1万キロ越えました。
走行距離も26000kmを越えています。

e0343333_20013147.jpg

バッテリーの劣化は感じられません。
高速で400km(110km巡航)一般道500kmは走行可能です。
高額ですが、ランニングコスト等を色々計算したら、維持出来ると判断して購入して正解です。
・・・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

# by ganbaremmc | 2018-08-19 20:01 | 海外メーカー | Comments(1)

【動画】ポイ捨てドライバーに容赦ない制裁 他



30秒からのと、
一分40秒からのは凄いです


大阪府堺市西区草部の府道36号線で撮影されたバスの後ろで赤信号を見落とした車が高校生をはねてしまうドライブレコーダー事故です。動画のタイトルと説明分から誰が投稿したものか混乱ぎみですが記事タイトルは運転手視点で付けてみました。
注:音ズレあり。事故の瞬間は動画の後半1分15秒からです。


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-08-19 19:32 | 衝撃的動画 | Comments(0)

【動画】海外仕様の新型ジムニーPV


海外仕様の新型ジムニーPVです。



[PR]

# by ganbaremmc | 2018-08-19 18:28 | スズキ | Comments(0)

スバル 次期レヴォーグはホイールベースが延長されて、キャビンが拡大

海外市場を視野に入れ開発が進む、レヴォーグの次期型をお知らせする。

e0343333_19514795.jpg

スバルグローバルプラットフォームを共有する両車には、
ダウンサイジングターボが本格的に導入される。
量販モデルとして1.8L直噴ターボもラインナップされる。
最高出力が180ps程度に設定されて、燃費と扱いやすさにも配慮し、バランスの取れたユニットに仕上がる。
ホイールベースが延長され、キャビンが拡大される見通しだ。
・・・・・・・・・続きはこちら


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-08-18 19:52 | スバル | Comments(2)

車14台に液体 塗装がはがれるほどの被害、横浜

横浜市で車、あわせて14台に液体がかけられ、
塗装がはがれるなどしているのが見つかりました。


4

18日午前8時ごろ、横浜市南区の駐車場に止めてあった11台の車のボンネットに何らかの液体がかけられているのが見つかりました。液体がかけられた部分は塗装が浮いた状態になり、はがれてしまっているものもありました。

その後、200メートルほど離れた中区の駐車場でも3台の車が同様の被害にあっているのが見つかりました。


警察は器物損壊事件として調べています。
news.tbs.


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-08-18 19:44 | ニュース・その他 | Comments(1)

山本晋也氏 スズキの検査不正は精神論では直らないと思う

完成検査の排出ガス抜き取り検査における不正事案において、
国土交通省の発表によると、マツダとヤマハ発動機はわずかなエラーを見逃したカタチになっておりますが、スズキのエラー率は半数近くと圧倒的に多いのでした。

e0343333_19310178.jpg


原因として挙げられているのは規律の緩みといった精神論。
いやいや、ほぼ検査の半数に不正があったというのを規律の緩みで説明しようという段階で、しっかりと解決できるとは思えません。 ・・・・・・・・・続きはこちら


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-08-18 19:31 | スズキ | Comments(1)

日産 新型リーフ、復路もバッテリーのオーバーヒートでした

新型リーフ、旧型に比べ非常に静かで、パワフル。
走りに高級感を感じます。
プロパイロットは、渋滞時に重宝。ハンドル操作は車線が薄れたところで一時的にきれるものの、また自動で回復。中国道のカーブは怖かったけど、山陽道は十分に使えました。オートハイビームも便利でした。

e0343333_19185127.jpg

問題は、バッテリーのオーバーヒートでした。
最悪の場合、30分の急速充電で7.7kWhしか充電ができないのです。
電費が約6.9km/kWhなので、53kmしか走れないのです。
ということで、往路の充電状況とバッテリー温度を記します。 ・・・・・・・・・
続きはこちら
[PR]

# by ganbaremmc | 2018-08-18 19:19 | 日産 | Comments(0)

マツダ 直列6気筒エンジンの開発中止か

気になる書き込みがありました。

e0343333_21045896.jpg


マツダブランド高級化路線の切り札と見られていた
直列6気筒エンジン搭載車の開発が取りやめになったらしい。
情報源は、某ディーラーの営業マンです。
つい先日行われた年次改良型CX-5、CX-8の社内説明会で、
本社側からもたらされたとのことでした。

2018/08/17 09:16 価格.com keita1211さん


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-08-17 21:05 | マツダ | Comments(9)