国沢氏「フォードは本国と中国で売れればよい」

「 日本は我々が日本で車を売るのを不可能にしている 」
トランプ大統領 去年11月

しかし、日本では、輸入車に課す関税はすでにゼロになっていて、
輸入車全体の販売台数を見ると、最近は増加傾向にあります。
一方、アメリカメーカーの車だけ見ると、ここ10年ほぼ横ばい状態です。

アメリカのフォード・モーターの正規販売店だった店。
しかし、2年前、そのフォードが日本を撤退。 以降、輸入中古車を販売しています。

「 アメリカとヨーロッパ車でしたらヨーロッパ車の方が(販売数が)多いです 」 ( 丸栄カーライフ 横井巧代表取締役 ) フォードの車は、日本の仕様に合わず、販売に苦戦したといいます。 主力車の1つも・・・ 「 ナビゲーションがインダッシュ(ではない)。 車と一体化してつけられなかった。 ナビ自体の設定がない、頭から 」 ( 丸栄カーライフ 横井巧代表取締役 ) ヨーロッパ車や日本車では当たり前のようについているナビが、この車には標準装備されていなかったのです。 フォード本社に掛け合うも最後まで対応はしてくれなかったといいます。

「 日本の道路事情に合う車を真剣に作っていないということ。 左ハンドルが逆に良いというお客様もいますから、(アメリカ車は)コアなお客様にはとっても良い車なんです 」 ( 丸栄カーライフ 横井巧代表取締役 )


e0343333_20184195.jpg

専門家は、アメリカ車の低迷の理由は、その販売姿勢にあると話します。

「 アメリカ車は日本で全く宣伝を熱心に行っていないので、やはり売れないかなと思う。 アメリカと中国で売れればいいと思っている 」 ( 自動車評論家 国沢光宏氏 )
動画はこちら


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-20 20:18 | ニュース・その他 | Comments(2)

ホンダ 新型N-VAN専用サイト開設

ホンダHPで、新型N-VANの専用サイトが開設されていました。
http://www.honda.co.jp/N-VAN/new/
読者の名無しさん、ありがとうございます。

e0343333_19212776.jpg

e0343333_19213375.jpg

e0343333_19214127.jpg

e0343333_19214853.jpg

ベストカーが掴んだ情報によると、2人乗車時の荷室長1630×荷室高1365mmと常識破りの荷室スペースを持つ。便利でスタイリッシュ、安全装備も整っており、軽バンの新しいスタンダードとなるべく、ホンダが本気で送り込む新型車となる。今回用意された公式特設サイトでは、本日から発売日まで順次、新型の情報を更新していくという。 bestcarweb.jp/

[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-20 19:22 | ホンダ | Comments(3)

日産、2022年度までに新型EV3車種とe-POWER搭載車5車種を投入

日産は2018年4月20日、同社の中期計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」の
重要な柱である国内市場の事業計画を発表しました。

e0343333_19112804.jpg

日産は、国内市場を「ニッサン インテリジェント モビリティ」の技術の進化をリードする市場と位置づけています。日産は、国内市場において2022年までに電動化を積極的に拡大していくといいます。内容としては、2022年度末までに、新型電気自動車3車種とe-POWER搭載車5車種を国内市場に投入するとしています。これにより、日産は2022年度までの国内販売台数に占める電動駆動車の販売が40%になると見込んでおり、2025年度までには国内の販売台数の2台に1台以上が電動駆動車になる見通しとのことです。  日本・アジア・オセアニア事業担当副社長のダニエレ スキラッチは、「『ニッサン インテリジェント モビリティ』の普及にあたり、国内市場が最も進んだ市場となることを誇りに思います。同ビジョンは、お客さまの生活を豊かにする技術やサービスを提供することでお客さまの体験を向上するだけでなく、中期計画『Nissan M.O.V.E. to 2022』を通じて当社の安定した利益成長を可能にします。」と述べています。
くるまのニュース編集部
[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-20 19:11 | 日産 | Comments(2)

国沢氏 エロ官僚とメディア、私らのギョウカイも似てる

e0343333_08385489.jpg

メーカーの意向を汲む人がいれば、あまり気にしない人も居る。
一般的に意向を汲む人は美味しい仕事を貰え、
気にしない人は地道に仕事しなくちゃアカン。
日産が多額の資金を掛けて開発した電気自動車について、・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-20 08:39 | ニュース・その他 | Comments(0)

三菱自CEO「来年初めに新型軽の生産開始」

三菱自動車の益子修最高経営責任者(CEO)は19日、
水島製作所(岡山県倉敷市)で2019年3月期に前期比2割増の29万台の生産を計画していると明らかにした。

e0343333_07031261.jpg

そのうえで 「 19年初めから新型軽自動車の生産が始まり、現在生産している 『 RVR 』 の次期モデルも作る。 ( カルロス・ゴーン会長が明示した ) 40万台の目標は難しくはない 」 との見方を示した。 岡山県庁で伊原木隆太知事と会談後、記者団に述べた。 水島製作所については 「 ( 仏ルノー・日産自動車・三菱自の ) アライアンス(連合)には世界で約50の工場があるが、ベンチマークになるだけの力はある。 水島での生産が増えれば部品メーカーの仕事も増えていく 」 と期待を寄せた。 18年3月期の生産台数は24万2000台だった。 伊原木知事は 「 県では電気自動車(EV)シフトに対応しようと予算を確保しており、三菱自と同じ方向性を持って進められるようにしたいと伝えた 」 と語った。 
益子氏は同日、アライアンスのヴェロニク・サラデポ購買担当副社長とともに、水島製作所で協力部品メーカーと意見交換した。 メーカーの協同組合 「 ウイングバレイ 」 の昼田真三理事長 ( ヒルタ工業会長 ) は 「 各社から( 競争激化や大きなメーカーへの仕事の集約など ) アライアンスによる影響を心配する声があったが、基本的な部分は理解できた」と述べた。 益子氏とサラデポ氏は倉敷市の伊東香織市長、総社市の片岡聡一市長とも面会。伊東市長は 「 部品メーカーのEV対応を支援する仕組みを設けたい 」 と応じたほか、片岡市長も 「 三菱自と部品メーカーをうまくつなぎ留める係として、対話の場所を作っていくのは大事だ 」 と強調した。日本経済新聞
[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-20 07:03 | 三菱自動車 | Comments(2)

マツダ 北米でディーゼル搭載車発売が近い様子

e0343333_06531864.jpg

発売がのびのびになっている
北米向けマツダCX-5のクリーンディーゼル仕様の発売日が近づいているようです。
The Fast Lane Carによると、カリフォルニア州大気資源局(CARB)が、
・・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-20 06:53 | マツダ | Comments(0)

スバル PHVのことか?米国で「エヴォルティス」という商標登録を申請

スバルが米国特許商標庁に「Evoltis(エヴォルティス)」という
名称の登録を申請していたことが分かった。

e0343333_21160426.jpg

これは米国の販売会社スバル・オブ・アメリカではなく、
日本の株式会社SUBARUが申請したもので、
その語感から同社が開発中のプラグイン・ハイブリッド車に与えるためではないかとみられている。
エヴォルティスという名前には、トヨタの「アベンシス」や起亜の「マジェンティス」のように魅力的な響きが感じられる。少なくとも「レヴォーグ」のような野暮ったさはない。しかし、子供に名前をつける時は、その名前が子供たちの遊び場でからかいの対象にならないか、よく考えて選ぶべきだろう。だからこの名前がどのような受け止め方をされるかについては、皆さんのご想像にお任せすることにしたい。米国特許商標庁のリストに記載されているエヴォルティスという名称は、3月26日に出願書が提出されている。エヴォルティスという名前がモデル名なのか、それともハイブリッド技術を指すのか、果たして実際に使われることになるのかもまだ分からない。米国の自動車雑誌『Car and Driver』の記事によれば、米国スバルはこの質問に対しコメントしなかったという。それでも、スバルがプラグイン・ハイブリッド車を今年中に発表するということは、既に計画として明らかになっていることだ。トヨタから「プリウスPHV」の技術提供を受けるというこのクルマに全輪駆動システムを望むのは我々だけではないだろう。それがスバルのイメージと特徴に合致するからだ。スバルは2016年に「XV クロストレック ハイブリッド」(日本名:「XV ハイブリッド」)の生産を終了してから、ハイブリッド車を販売していない。過去には自社製軽自動車をベースにした貴重な完全電気自動車「プラグイン ステラ」を少数生産したことがある。 jp.autoblog.com
[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-19 21:16 | スバル | Comments(4)

ホンダ まるでベビーシビックタイプR?新興国用「Small RSコンセプト」公開

インドネシアモーターで、ホンダから意外なコンセプトカーが公開。
小さなシビックタイプRとおもわせる「 Small RSコンセプト 」です。

e0343333_21014766.jpg

記事を自動翻訳してみました。

ホンダの小型RSコンセプトはベビーシビックタイプR
赤ちゃんのホンダシビックタイプRはどのように見えますか?
さて、日本のmarqueが、進行中のインドネシア国際モーターショーでSmall RSコンセプトの形でちょうどそれを発表したので、もはや不思議に思う。ローカルホンダの渡辺武広社長は、「小さなRSコンセプト」は、小さなスポーツハッチバックが目に見えるものであるというブランドの理想的なビジョンであり、これが達成されたことを否定するのは難しいと語る。フロントには、グロスブラックアクセント、水平LED昼間のランニングライト、現行のCivic Type Rと同じように小さな吸気口を備えたフードが含まれています.Sleep RSコンセプトには、サイドスカートの拡張、その側面、薄い翼の鏡のペア。リアにはタイプRとの類似点もあります。例えば、不必要に大きなリアウイング、積極的なディフューザー、ユニークなテールパイプがあります。黒い車輪と明るいオレンジ色の塗料のセットは、コンセプトが際立っていることを確認するのに役立ちます。
完璧な都市ホットハッチ?
Hondaは現在、Jazz、Brio、およびMobilioのRSブランド版をインドネシアに提供していますが、Small RSコンセプトが生産版を生み出すかどうかはまだ言いません。
いずれにしても、Hondaのパフォーマンスカールネッサンスがもたらす他のものに興奮しています。
carscoops.com

e0343333_21015411.jpg

e0343333_21015910.jpg


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-19 21:02 | ホンダ | Comments(7)