タイ 首都バンコクで大気汚染悪化

タイのバンコクは美食や歓楽街、大勢の観光客で有名だが、
今ではアジアで最も公害が深刻な都市の一つとしても知られるようになった。
バンコクは少なくともここ数週間ひどい大気汚染に見舞われている。  

1

バンコクでは、健康を損なうPM2.5(微小粒子状物質)の濃度が、
以前から大気汚染の悪名高いニューデリーや北京を上回る日もあった。
当局は今週、初めて人工降雨でスモッグを解消しようとバンコク上空に飛行機を飛ばした。スモッグに覆われた高層ビルやマスクを装着した歩行者の風景は、世界で最も訪問者の多い都市を首都に持ち、経済成長を観光に頼る同国にとって理想的とは言えない。保健省は自動車の排気や廃棄物焼却に伴う煙、異常な天候パターンが重なったことが原因だとした上で、そうした状況は近く改善されるとの見通しを示した。  
ピヤサコン保健相は14日のバンコクでの記者会見で、「パニックになるべきではない」と述べ、「政府は何もしていないわけではなく、事態を注視している」と説明した。 15日正午ごろのバンコクで、ハイテク新興企業プルーム・ラブズがまとめた大気質の指数が121を付け、極めて深刻な汚染が示唆された。これは北京の2倍超の水準。中国の最近の排出ガス抑制の取り組みもこの結果に反映されている。bloomberg

7e5d5a4-


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-02-19 16:25 | ニュース・その他 | Comments(2)

国沢氏 遠くない将来、日本市場はトヨタ車だけになる

いくつかの自動車メーカーの経営陣に
「 このままだと日本市場はトヨタだけあればOKという状況なりそうですがどうでしょう? 」
と聞いてみた。 結論からすると皆さん 「 儲からないなら仕方なし 」 という反応。
・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a10-

[PR]

# by ganbaremmc | 2018-02-19 16:12 | トヨタ | Comments(10)

三菱エクリプスクロス 初期型テストカーはダミーライトではなかった

三菱エクリプスクロスの2ch掲示板で気になる書き込みを見つけました。

◆◆ 発売日ついに決定?
本日ディーラーで聞いたのですが、
発売日はほぼ3月1日で決定とのことでした。
当初より早まったそうです。

◆◆ フロントライトの外側をダミーにした理由について・・・・
ナイトショールームで開発担当者が言ってたけど、
当初は外側ライトはウインカーだったんだって。
でも実際点灯させると、ウインカーの光が内側ライトとデイライトの光に飲まれて視認性が悪かったのと、ライトの外側だけ色違いになって見栄えが良くないのとで、ウインカーをバンパー側に移したそうな。
それで空白になった外側ライトをどうするかとなり、その部分に本ライトを入れるとなると設計変更が必要になり、コストと時間がかかるからダミーにしたんだそうです。

【 追 加 】

2016年8月にスクープされたテストカーでは、

確かに外側ライトはウィンカーにしていましたね。


2

2017年1月にはバンパーに移動されていますね。


3

ちゅんたそ@Virtualの住人 4̸‏ さんがツィートで教えてくれました。



[PR]

# by ganbaremmc | 2018-02-19 15:45 | 三菱自動車 | Comments(4)

国沢氏 三菱エクリプスクロスを試乗

あの国沢光宏さんが
ついに三菱エクリプスクロスを試乗しました。

1


今回判明したのだけれど、三菱自動車の経営状況が悪化し、WRCから撤退し、経営陣が代わり開発メンバーも入れ替わるや、突如「曲がる4WDなんかダメだ!」という流れになってしまったという。具体的に言えば「後輪が流れたら事故に直結するので危険!」という方向に向かったそうな。「アンダーステアこそ安全。曲がる4WDの全面否定」である。現在、三菱のなかにアンダー崇拝主義者は完全に居なくなったという。なにしろ試乗会で見かけた技術者、皆さんランエボを作っていた方々ですから。 ・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

# by ganbaremmc | 2018-02-18 20:57 | 三菱自動車 | Comments(2)

スバルに質問。米国での販売見通しとトランプ減税効果について

スバルに以下の質問をしてみました。

1

【 質問 】 2018年の米国での販売が、昨年を上回る見込みらしいですが、インプレッサの新車効果低下、不振のフォレスター、レガシィに加え、市場全体が落ち込むとみられています。 強気な理由を教えてください。
【 回答 】 2018年暦年の米国市場の小売販売は対前年105%となる68万台を計画しております。新型車効果が1年を通じて寄与するCrosstrek(日本名:SUBARU XV)、および年後半に投入予定のAscentを中心として販売増を目指す一方で、昨年同様の厳しい市場環境が続く中で、対前年約3万台増を目指しております。
また、Ascent導入により、既存ラインナップにはない多人数乗用車という新たな価値をお客様に提供することで、台数成長と併せSUBARUブランドの更なる強化を図ってまいります。


【 質問 】 現在米国では、フリート販売( レンタカー会社に、買い戻し権付で自動車を販売すること )で、日産が影響を受けていますが、御社はどうですか?
【 回答 】 当社の米国市場における小売販売に対するフリート販売の占める比率は、2017年暦年の実績ベースで3%弱、2018年1月単月では1%強の水準であります。また、マーケットシェアにつきましては2017年暦年で3.76%(対前年で0.26ポイント上昇)、2018年1月は前年並みの3.84%であります。


【 質問 】 直近の決算発表で、トヨタ、日産、ホンダが米国での法人税減税で、数千億もの利益を見込んでいますが、御社はどうでしょうか?
【 回答 】 昨年暮れに成立しました米国の法人税減税、いわゆるトランプ減税による当社業績への損益への影響につきましては、現在影響を精査しておりますが、軽微にとどまると見込んでおります。軽微にとどまる理由につきまして、現在精査中のため、恐れ入りますが、確定的なことは申し上げられません。通期決算で詳しくご説明いたしたいと考えております。


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-02-18 20:43 | スバル | Comments(2)

【動画】道路で大喧嘩。ブチ切れた結果・・・



衝撃的な結末は25秒から・・・
[PR]

# by ganbaremmc | 2018-02-18 20:38 | 衝撃的動画 | Comments(0)

三菱「エクリプス クロス」の真価を雪上で実感 by.岡崎五朗

菱自動車の命運を握るモデルを、先日、氷雪路のクローズドコースでドライブした。
そこで感じた、同社独自の4WDシステムの実力についてお伝えするとともに、エクリプス クロスの将来の可能性について考えてみたい。 “ターボラグ”はほぼ感じられず、1500回転辺りからトルクの盛り上がりを実感できる。雪や氷で覆われた上にアップダウンの激しい状況では、・・・・・・・・・続きはこちら

1


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-02-18 20:19 | 三菱自動車 | Comments(0)

三菱デリカD:5は5月にビッグMC。次期型は来年

三菱自動車は今年5月の連休明けに、
デリカD:5をビッグマイナーチェンジする見込みです。
全国の三菱ディーラー幹部に通達し、見込み客に対して通知を進めているとのこと。

1

チェンジの内容はフロントデザインを中心に内外装のデザイン変更、
カラーリングの再編、車種整理、安全対策強化など。

パワーユニットは売れ筋の2.3Lクリーンディーゼルに1本化し、現行型に用意されているガソリン2Lと2.4L車は販売不振のため取りやめるものと思われます。

デリカD:5の発売は2007年1月で、今年に入って丸11年を経過しました。
数年前の計画では今年あたりにフルモデルチェンジする予定でしたが、今年はエクリプスクロスの日本発売があること、資本提携した日産とのラインアップ&車種調整があることなどから、2018年はマイナーチェンジに留め、開発が進んでいる次期型は来年以降のデビューとなったもようです。
bestcarweb.jp


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-02-18 20:05 | 三菱自動車 | Comments(4)