スズキ ハスラーのダッシュボードの隙間について

アルトで発生していたピラーとダッシュボードの隙間が同じ症状でウチのハスラーにもあり!
冬や気温の低い時間帯に発生しています。
しかも横に隙間があるだけでなくてダッシュボードが下がっているようです(>_<)


e0343333_20283109.jpg

翌日に早速、ダッシュボード調整をいつもお世話になっている
瑞穂町の車楽さん(AC Delco西多摩)でやって貰いました。
話しによると ・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-18 20:28 | スズキ | Comments(5)

フィアット・クライスラーCEO「ディーゼルはもう駄目だろう」

フィアット・クライスラー・オートモビル(FCA)のCEOである
セルジオ・マルキオンネがディーゼルの将来を語りました。
彼は市場は明らかにディーゼル車から離れており、
その人気が復活する日は来ないのでは無いかと考えています。

e0343333_20035669.jpg

もし技術の進歩によってより環境に優しくなったとしても、ディーゼル車のセールスが復活することはないのではないだろうか。フィアット・クライスラー・オートモビル(FCA)のCEO、セルジオ・マルキオンネは語った。

「ディーゼル市場の崩壊は始まっています。ディーゼルゲート問題以来、ディーゼル車の販売シェアは毎月低下しているのです。これは否定のしようのない事実です。そしてディーゼル車を新しい基準に適合させるコストは計り知れません」

FCAグループは6月1日に今後5年間の計画を投資家たちに公開する。マルキオンネはすでにアルファ・ロメオ、フィアット、ジープ、マセラティにおけるディーゼル車の販売を2022年までに終了すると発表した。新世代ディーゼルの開発よりも電動化に注力する方が効率的だとの見解がこの理由だ。

「われわれはディーゼルへの依存を減らさなければなりません」と彼はいう。「賛否両論あるのはわかっていますが、市場はディーゼルに対して明らかに背を向けています」

「FCAグループ単体はおろか、業界全体の力をもってしてもこの流れを変えることはできないかもしれません」
autocar.jp


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-18 20:04 | 海外メーカー | Comments(1)

スズキ 新型エルティガの姿が判明

三菱エクスパンダー?のライバルとなりそうな
スズキ エルティガが新型となります。
その資料と思われる画像から、姿も明らかになりました。

e0343333_19382731.jpg

e0343333_19383372.jpg

記事を自動翻訳してみました。

2018年スズキエルティーガ(2018 Maruti Ertiga)が新型1.5L K15Bガソリンエンジンを発売
2018年のSuzuki Ertiga(2018 Maruti Ertiga)の仕様は、今日オンラインで公開されたパンフレットスキャンでオンラインで流出しています。
第2世代のスズキエルティーガは、長さ4,395 mm、幅1,735 mm、高さ1,690 mmを測定する。第1世代のSuzuki Ertigaより130mm長く、40mm広く、5mm高い。そのホイールベースは旧モデルのホイールベースと同じです(2,740 mm)。スズキは、地上高を185mmから5mm 180mmに減らしました。旋回半径は5.2メートル前と同じです。
シートバックを持ち上げると、2018年のスズキ・エルティーガは荷物のスペースを153リットル提供します。荷物容量は、第3列のシートバックを折り畳むときに550リットルに、第2列のシートバックを折り畳むときに803リットルに増加する。
2018年のSuzuki Ertigaは、新型K15B 1.5L VVT 4気筒ガソリンエンジンを搭載し、6,000 rpmで104.7 ps、4,400 rpmで138 Nmのトルクを発揮します。比較すると、現在のスズキエルティーガのK14B 1.4L VVT 4気筒ガソリンエンジンは、6,000 rpmで92PS、4,000 rpmで130 Nmのトルクを発揮します。新しいErtigaは5MTと4ATという同じ伝送方法を提供します。
スズキは2018年のスズキ・エルチガをIIMS2018で明日発表する。 Metallic Magma GreyとPearl Glorious Brownの2つの新しい紹介を含む、7色で再設計されたモデルを提供します。 2018年のMaruti Ertigaの打ち上げは、今年8月に続いていると報告されています。
https://indianautosblog.com/

キャビンは、より広い知覚された広さのためにベージュにレイアウトされています。ダッシュボード、平底のステアリングホイール、ドアハンドルには木製のインサートがあります。通気孔とインストルメントパネルにも新しい設計が施されています。後者はスピードメーターとタコメータのダイヤルをよりスポーティに配置しています。エンジン始動停止ボタンが確認されます。
2018 Maruti Ertigaは、スマートフォンとの統合による6.8インチタッチスクリーンインフォテイメントシステムを手に入れました。フローティングディスプレイには大きな黒ベゼルが並んでいます。欠点としては、2世代モデルでも自動空調システムがないように見える。
2018年のスズキエルティーガは、K14B 1.4リットルガソリンエンジンに代わる新しいK15B 1.5リッターガソリンエンジンを搭載しています。トランスミッションの選択肢は、5速マニュアルと4スピードの自動のままです。インドネシアのニュース記事によると、2018年のスズキ・エルチガはインドからCBUとして輸入される。
https://indianautosblog.com/

e0343333_19383842.jpg


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-18 19:38 | スズキ | Comments(5)

国沢氏「リーフの新しい電池、極端に寿命短い可能性も!」

リーフの電池寿命についてまたも不安な情報が流れている。
上はリーフ中期型の24kWh型バッテリーの劣化度合い。


e0343333_10024064.jpg

下が後期型30kWhのバッテリー劣化度合い。
上は1年あたり3.1%の劣化率。下だと同9.9%という劣化率になるそうな。
なら40kWhの新型リーフ用電池どうよ? ・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-18 10:02 | 日産 | Comments(6)

三菱エクリプスクロスPHEVは最新技術のもの

日刊自動車新聞に三菱エクリプスクロスの開発担当である
林祐一郎さんの取材記事がありました。
3月から世界で本格販売を開始している三菱エクリプスクロスについてです。

e0343333_09251266.jpg

海外受注は53000台を突破。中でも中国は大きく伸びると予想。
3月から発売を開始した日本では、1か月で受注6千台になったそうです。
過去のインタビュー( 関連記事 )でも「 計画はない 」と答えられていた、PHEV仕様ですが、計画は一旦頓挫したものの、主力モデルに電動車は必要ということから転換。 発
売時期は「 なるべく早く 」。
内容の詳細はなかったものの、
「 最新のアウトランダーPHEVのもので、計画より進化したもの 」
と教えてくれました。
また、三菱エクリプスクロスが最後のオリジナルになるのか?という問いには、
四駆技術は独自のもので、日産との差別化はできるそうです。 


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-18 09:51 | 三菱自動車 | Comments(0)

トヨタ 新型カローラのテストカー

e0343333_09502491.jpg

e0343333_09492391.jpg

e0343333_09503137.jpg

e0343333_09494887.jpg

記事を自動翻訳してみました。

2020年トヨタカローラ、新しいデザインのヒント
デザインは予約済みです。
今年の初めに、米国での2020年のトヨタカローラのテストをはじめて見た。先月、写真が増えましたが、それでも同じ黒い被覆と迷彩がかかっていました。最新のスパイの写真は、Corollaが最終的にセダンの将来のデザインを覗いて、変装の一部を取り除くことを示している。
2020年のカローラ・セダンは、2019年のカローラ・ハッチバックのように、カムリやプリウスなどのモデルを支えている自動車メーカーのTNGAモジュラー・プラットフォームに乗っています。
Corollaは、特にフロントエンドの設計では、ハッチからいくつかのデザイン・キューを取ります。相違点には、前方視界を改善するためにAピラーの近くに小さな窓を追加すること、および修正されたCピラーが含まれる。温室のデザインと形状は変わりません。全体的なデザインは、後部が現在のフォードフュージョンからの手がかりを取ってセダンのために比較的標準的に見える。
2020カローラは、品質のレベルを上げたインテリアを再設計する必要があります。標準的な機能には、革シフトノブ、パドルシフター、2つのフロントUSBアウトレット、電子パーキングブレーキなどがあります。 SEハッチバックには、6つのスピーカーと8インチのスクリーンを備えたEntune 3.0 Audio、Apple CarPlay、Amazon Alexaインテグレーションが含まれています。同じ機能がCorolla SEセダンで提供されるはずです。
動力は、新型の2.0リットルのポート・アンド・燃料噴射式4気筒エンジンで、無段階変速機または6速マニュアルのいずれかと組み合わされます。新型エンジンは、1.8リッターの137馬力と126ポンドフィート以上のトルクを発揮します。
トヨタはミシシッピ州の工場でアメリカで新しいカローラセダンを建設し、アラバマ州にはマツダと新工場を建設する。新しいカローラのハッチは優れているように見えます。セダンはそれほど急進的ではありませんが、セグメント内ではまだハンサムな候補になるはずです。
https://www.motor1.com/


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-18 09:50 | トヨタ | Comments(3)

大幅改良した三菱アウトランダーPHEVを今夏発売

三菱自動車はプラグインハイブリッド車(PHV)の投入を加速させる。
主力の多目的スポーツ車(SUV)「アウトランダー」で燃費や航続距離を改善した改良車を2018年夏に日欧で発売。中国ではPHV仕様のSUVを発売する。当面はガソリンエンジンを併用するPHVの需要も底堅いと判断し、電動自動車(EV)と並ぶ商品群編成の中核に据える。
日本経済新聞

e0343333_09392218.jpg

主要部品の約9割を改良し、
エンジンと合わせて効率のよい発電ができるそうです。


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-18 09:39 | 三菱自動車 | Comments(0)

【動画】マツダCX-5 20S(エンジン改良モデル)試乗 字幕付き


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-04-17 18:58 | マツダ | Comments(0)