ディーゼル車の排ガスに含まれる「すす」を走行中など
試験時以外にも測定できる車載センサーを京セラが開発、
2017年に製品化する。

000000

ディーゼル車のすす排出量は、欧米など多くの国・地域の排ガス規制でPM(微粒子)量の上限として規定されているものの、日常の走行時には測定されていない。このため車両に搭載しているPM除去フィルター(DPF:ディーゼル・パティキュレート・フィルター)が機能しなくなっても、これを排出量から検知することはできていないという。

 現在のところ、すすを継続的に測定できる車載対応のセンサーは量産できていない。このため排ガス中のPM量を測定することでPMフィルターが機能していない状態を検知する規制の実施が、規制地域においても先送りになっているという。また現行の規制では、多くの車両が備える自己診断機能(OBD)でPM除去フィルターの故障を発見するため、すす排出量の規制値が定められているが、すすセンサーがないために活用されていない状況にある。

 今後、ディーゼル車の排ガス中のすす規制が施行されると、規制地域のすべてのディーゼル車にすすセンサーの搭載が義務付けられる可能性がある。ディーゼル車に対しては、ドイツVolkswagen(VW)社の不正発覚を機に規制強化についての議論が沸き上がっており、今回のセンサーの開発は規制化の動きを後押しする材料にもなりそうだ。
京セラが開発したすすセンサーは、燃焼温度が高いディーゼルエンジンの排ガス雰囲気内でも機能する。走行中のディーゼル車の排ガスは500℃を超え、既存のすすセンサーは高温下で継続して測定ができなくなる。既存センサーが検知部に白金を使っていることに由来する。白金は、高温環境では酸化しやすいために、すすと反応して、検知部が塞がれてしまう。

 今回のすすセンサーは、セラミックスと卑金属を多層に焼結した構造で、高温でもすすと反応することがない。卑金属は同社の開発品で、高温下で酸化しにくい。同社は、半導体や電子回路を封止するセラミックスパッケージで培った知見を生かした。2014年から開発を始め2016年12月まで続ける。

 白金に比べて低コストの卑金属を原料に使うため、搭載義務付けとなった場合にも自動車メーカーの負担は極端に大きくならないとみられる。
techon.nikkeibp.co.jp


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-10-08 18:15 | ニュース・その他 | Comments(0)

VWのディーゼル不正問題。
国内ではそういうことがないか?
今週中にメーカーに調査し、報告するよう国交省が指示、
トヨタ、日産、マツダの三社は「断じてない」と否定しています。
しかし、三菱自動車だけいまだダンマリなのは何故か?
問い合わせてみました。

000000000

いつもなら株主といえば担当に変わってくれるのに、
今回は本当に株主かどうかの確認をされました。

現在、発売されている三菱製のディーゼルに不正はない。
ただ・・・ 2007年までに発売されていた車種でプジョー製のものを採用しており、
これに関しては調査がまだ終えていないとのことでした。
判明次第、すみやかに報告するそうですが、こんなに時間がかかるものなのか?
それらいくら他社製とはいえ、日本で売る以上、規定通りチェックしているのでは?
これらの質問に関しては 「調査中です」 の回答のみ。

マガジンXさんも気にし始めています。
https://twitter.com/CyberMagazineX

000000

00


僕個人の見解ですが、雲行きが怪しいと感じています。
もしプジョーが不正を行っていたのなら、
これはドイツ以外の国もしていたということになりますし、これは大事。
悪いプレスは金曜日の株式市場が終了後にするといいます。
どうだか・・・

[PR]
# by ganbaremmc | 2015-10-08 18:03 | 三菱自動車 | Comments(29)


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-10-08 17:33 | トヨタ | Comments(1)

000000000


『 MITSUBISHI eX Concept 』 世界初披露

『MITSUBISHI eX Concept』は、次世代EVシステムを採用したコンパクトSUVのコンセプトカーです。大容量・高性能バッテリーと小型・高出力モーターなどで構成し、システム自体の軽量・高効率化はもちろん、車体側でも軽量化を推進し、航続距離400kmを実現します。駆動用バッテリーを車両下部にレイアウトすることで低重心化を図り、ツインモーター4WD及び車両運動統合制御システム「S-AWC」により、意のままの操縦性と卓越した安定性を発揮。一歩先へ踏み出せる、次世代コンパクトSUVとしています。
www.mitsubishi-motors.com/jp

0000000

000000

00

no title

2


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-10-08 16:58 | 三菱自動車 | Comments(13)

11月4日 アクア改良後モデル&特別仕様車 記者発表

0000000000


【改良項目】

1.G以上のグレードに、トヨタセーフティセンスCを標準搭載!
(S、Lグレードはメーカーオプションにて設定可能!)

2.利便性向上のため、買い物フックの追加設定!

3.シャイニーデコレーション専用色の追加!
  ダークバイオレットマイカ<9AF>を、パープルメタリック<9AD>へ入れ替え

【特別仕様車】

X-URBANにて、特別仕様車を発表!

通常はブロンズマイカメタリックだった、ツートンカラーが、
ツヤ無しブラック塗装や、ブラック素地、ブラックマイカなどに!
よりクロスオーバーのイメージになります。
http://www.sankoh-jp.com/blog/nebiki/11991/


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-10-08 12:10 | トヨタ | Comments(0)

マツダの米国法人、北米マツダは10月2日、
『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)のリコール(回収・無償修理)により、
同車の販売を停止したと発表した。

000000000

今回のリコールは、燃料タンクの不具合が原因。北米マツダによると、マツダ3の燃料シャットオフバルブに不具合があり、燃料タンクからガソリン蒸気を大気中に放出しないように吸着するチャコールキャニスターに、燃料が入り込む可能性がある。この状態では、エンジン警告ランプが点灯。最悪の場合、燃料が漏れて、エンジン停止や車両火災に至る恐れがある。
リコールの対象になるのは、2015-2016年モデルの一部。米国では約1万4270台、プエルトリコでは136台の合計約1万4406台がリコールに該当する。北米マツダは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において点検を行い、不具合が見つかれば、燃料タンクとチャコールキャニスターを交換するリコール作業を行う。
carview.yahoo.co.jp
[PR]
# by ganbaremmc | 2015-10-08 11:57 | マツダ | Comments(1)

排ガス試験のときだけ有害物質を減らすソフトウエアをディーゼル車に搭載した独フォルクスワーゲン(VW)の不正が波紋を広げている。欧州の自動車産業の盟主はなぜ、不正に手を染めたのか。影響はどこまで広がるのか。仏ルノーの前最高経営責任者(CEO)、ルイ・シュバイツァー氏に聞いた。


000000000


VWの不正をどう受け止めていますか。

「ディーゼル車は(走行距離が長い)米欧の平均的な条件では、二酸化炭素(CO2)の排出がガソリン車や、充電しないハイブリッド車よりも少ない。さらに生産コストもハイブリッド車より大幅に安い。温暖化ガスの排出を減らすという点で、ディーゼル車はガソリン車より優れている。一方でディーゼル車は窒素酸化物(NOx)など有害物質を排出する」

「排ガス規制はコスト面で負担になるだけでなく、燃費と馬力の低下につながる。このため、約15年前には大型車の排ガス浄化で不正事件があった。VWが手を染めたのも同じだ。VWの不正は許されず、高い代償を払うだろう」

 
VWの問題から得られる教訓は何ですか。

「1つ目に企業内に規則を守るという職業倫理を確立することが不可欠だ。利益が最優先で、ルールや職業倫理を軽視する風潮は問題だ。2つ目は欧州特有の事情だが、当局は実際の走行条件に合った検査に改めねばならない。VWの不正を米当局に警告したのは非政府組織(NGO)だった。これができたのは米検査が実際の走行に近い内容だったからだ」

「3つ目は、これを機にディーゼル車を禁ずるべきでない。すべての大型車はディーゼル車だし、都市圏外での走行が多い欧州ではディーゼル車の利点がある。ただディーゼル車特有の優遇税制などは徐々になくなるだろう」

欧州のメーカーはなぜディーゼル車に力を入れたのですか。

「欧州では燃料に対する課税が大きく、燃費が良い車をつくる必要性が大きい。そのため燃料消費の少ないディーゼル車が選ばれた。米国では燃料が安く、燃費の良い車の価値がそれほど高くない。大都市が集まる日本は長距離走行はそれほど必要なく、短距離を小型車で移動する用途が多い。ディーゼル車は中型車以上に適している」


この問題はほかの企業でも起きえますか。

「これはVWの問題だ。この不正は米規制をきっかけに発覚した。ルノーやフィアットなどは米国に輸出しておらず、BMWなどは別の技術を使っている。短期的には欧州でのディーゼル車販売は減るだろう。排ガス規制の強化にもつながり、価格上昇を招く。メーカーには影響があるはずだ」

「世界的な現在の優先課題である温暖化ガス削減ではディーゼル車はハイブリッド車と同じくらい効果的だ。ディーゼル車を犠牲にするのは賢明な選択ではなく、今後も規制を強め、環境対策に貢献するようにすべきだ」


各国で規制が異なるという問題もあります。

「日米欧の先進国ではディーゼル車への規制が段階的に進めばその差は小さくなるとみている。だが新興国は別だ。厳しい規制は自動車の販売価格を引き上げ、燃費の悪い古い車を持ち続けさせることになる。新興国で必要なのは燃料の質の規制だと思う。質の悪い燃料を消費することが、大気汚染につながっている」


VW問題がM&A(合併・買収)につながる可能性は。

「自動車業界で常にM&Aは起きてきたが、予想される規制強化に大手メーカーは技術的に対応できる能力を備えている」
日本経済新聞


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-10-07 17:23 | 海外メーカー | Comments(2)

000000000



https://twitter.com/fushikietsuro/651225369857552384
https://www.youtube.com/watch?v=2rnfsj-gfm4

0000000



000000000


その後、伏木氏のツィートで・・・・

000000000


国沢氏
「 万全の反論をしようと思っていたが、
 まぁ仕方ないと流すことにしよう 」

http://kunisawa.net/diary


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-10-07 17:16 | スズキ | Comments(15)