日系主要メーカー6社の中国での8月の新車販売実績(小売台数)が7日出そろった。

景気が低迷する中、日産自動車は前年同月比5.5%減の8万9000台となり、2カ月連続で前年を下回った。スズキ、三菱自動車も前年を大幅に下回った。一方、トヨタ自動車、ホンダは前年を大幅に上回るなど、日系メーカーの中でも中国事業の好不調がはっきりしつつある。



0000


日系で中国累計販売トップの日産の苦戦ぶりが目立つ。2月以降は、ほぼ前年実績並みか、前年割れの状態が続き、回復の見通しが立たない。「有力な新型車の販売がこの1~2年で滞っている」(日産系の販売店)など景気以外の面でも、販売低迷を招く原因がある。新型車が少ないスズキや三菱自動車も同様に苦戦し、スズキは8カ月連続、三菱自動車も5カ月連続で前年割れが続く。

一方、トヨタは「カローラ」など小型車が好調で、8月は前年同月比20%増と、5カ月連続のプラス。ホンダも新型多目的スポーツ車(SUV)2車種が好調で同50.7%増となり、前年実績を6カ月連続で上回った。マツダの販売も堅調で、7カ月連続のプラスだ。

中国市場全体は7月まで4カ月連続で前年割れが続き、足元では激しい値下げ競争が続く。中国景気の先行きが不透明な中、苦戦するメーカーが増え始めた。日系メーカーの優勝劣敗も今後、一段と鮮明になりそうだ。

nikkei.com



[PR]
# by ganbaremmc | 2015-09-08 09:31 | 三菱自動車 | Comments(0)

三菱自動車は7日、2017年度(17年4月―18年3月)以降に
新しい小型のスポーツ用多目的車(SUV)2車種を世界で投入する計画を明らかにした。
17年度中に投入する車種は家庭用コンセントで充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)も展開する。得意なSUVでの品ぞろえを増やし、世界での販売拡大を狙う。

00000

同社によると、17年度中に投入する新型SUVは
小型SUVの中でも高級路線を目指し、内装などで上質感を演出するモデルにする。
車両のサイズは同社がすでに販売するSUVで小型の「RVR」より大きく、中型の「アウトランダー」よりは小さくなる見込み。ガソリンエンジン車に加え、世界で厳しくなる環境規制に備えてPHVも用意する。

もう1車種のSUVは「RVR」を引き継ぐ新モデルにする方針で、エンジンタイプや販売時期など詳細は未定だが、17年度以降となる「次期の中期計画中の投入を目指す」(同社広報)。SUVは荷室が大きめで使い勝手が良く、雪道や悪路などでの走行性能が高いことなどから人気が高まっている。同社では、世界のSUV市場が20年度に14年度比で約3割増の2400万台と新車総需要に占める割合が約25%と最大のセグメントになると見ており、商品強化を図る考えだ。
headlines.yahoo.co.jp
[PR]
# by ganbaremmc | 2015-09-07 17:12 | 三菱自動車 | Comments(9)

三菱自動車は2017年をめどに
新しい小型多目的スポーツ車(SUV)を開発する。
同社のSUVとしては5車種目となる。悪路の走行に強い車のラインアップを増やし、「パジェロ」などに代表されるSUVの開発に集中する。米シリコンバレーに駐在事務所を設け、自動運転関連の基礎研究や市場調査も始める。益子修会長兼最高経営責任者(CEO)が日本経済新聞社の取材に対し明らかにした。

これまで同社はSUVとして大型の「パジェロ」と海外向けの「パジェロスポーツ」、
中型の「アウトランダー」、小型の「RVR」を販売してきた。
新たにRVRよりやや大きい街乗りタイプのSUVを開発する。


00000


高級セダンなどは他社から調達し、得意なSUVの車種の開発に特化することで人材や資金などの開発資源を集中して強みを出す考え。新開発するSUVには家庭用コンセントで充電するプラグインハイブリッド(PHV)車も用意し、欧州など海外にも販売する。新設するシリコンバレーの拠点は5~10年後をにらみ、車とIT(情報技術)の融合の基礎研究や市場調査を担当する。「現地のベンチャー企業と組むことも考えたい」(益子会長)という。

同社は11月に米イリノイ州の工場での生産を終了する。
益子会長は「実力以上の構えを持つことには無理がある。
成長投資をするためには体力にあった規模にする必要がある」と説明した。 
2015年の米自動車市場はガソリン安などを追い風に1700万台に迫る勢いとなっている。益子会長は好況のなかでの米生産撤退について「従業員の雇用を考えると、不況のど真ん中でやるよりも景気が良いときのほうが適していると判断した」と話した。 同社は米生産を撤退する一方で、インドネシアに約600億円を投じて新工場を建設するなど選択と集中を進めている。「東南アジア諸国連合(ASEAN)には成長性があり、ある程度の規模のある国は生産を誘致する動きが広がるだろう」と指摘した。 中国の減速など新興国景気に不透明感が強まっていることについては「ロシア、タイなど回復の遅れが目立っていた地域の状況がもっと厳しくなるかもしれないとみている」とした上で「(新興国市場は)成長のひずみを是正する時期があっても、復元力があるはずだ」と話した。
日本経済新聞


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-09-07 08:26 | 三菱自動車 | Comments(19)


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-09-07 08:26 | クルマでいこう! | Comments(0)

スズキは、登録車の販売強化に向けて業販店支援を強化する。
個別の業販店から小型車の販売を増やすための要望を幅広く集め、これまで実施したことのない支援策なども展開する。小型車販売10万台の目標を早期に達成するためにも「副代理店(業販店)の協力は欠かせない」(鈴木敏明常務役員)としている。現場の要望を柔軟に採り入れ、販売台数の底上げを図る考えだ。

00000

業販店への具体的な支援内容は、今後聞き取り調査などをして検討していく。これまでも実施してきた展示車などの配備や研修、下取り施策に加えて、商枠(値引き額)の拡大や条件の見直し、広告費の支援などを期待する声が多い。そのほか、ある業販店では「ストロングハイブリッドが出るまでの間、『ソリオ』のマイルドハイブリッド車をデモカーで貸し出してもらいたい」などとしており、こうした要望も踏まえて支援内容を検討する。
 スズキは2015年度から19年度の中期経営計画「スズキ NEXT100」の中で、小型車の販売目標を10万台以上に設定している。現状はソリオ、「スイフト」で登録車販売の約9割を占めるが、今後は新たな小型車の投入も予定しており、業販店をの戦力を最大限に活用しながら販売攻勢をかける。
日刊自動車新聞
[PR]
# by ganbaremmc | 2015-09-07 07:12 | スズキ | Comments(0)


00000

0000

下記ブログで9月9日発売、キャストの本カタログ画像が掲載されていました。
エンジン諸元表、価格などの画像もありますよ。
全ての画像はこちら

[PR]
# by ganbaremmc | 2015-09-06 21:34 | ダイハツ

 鈴木ケンイチ さんのツィートより。

0000

000

00000

デミオのモータースポーツのベース、デミオMBが展示されてました。
1.5リッターのハイオク仕様エンジンに6MT、
質素な内装。 9月末の発売らしい。
ジムカーナやラリー、サーキット用にどうぞ。
https://twitter.com/danganjiro/status/66769

[PR]
# by ganbaremmc | 2015-09-06 19:57 | マツダ | Comments(2)


[PR]
# by ganbaremmc | 2015-09-05 21:03 | マツダ | Comments(2)