日産 韓国LG化学の電池の採用を検討

日産自動車・仏ルノー連合のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は16日、
ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューに応じ、
日産が将来生産する電気自動車(EV)向けに
韓国LG化学の電池の採用を検討していることを明らかにした。

000000

日産とルノーの微妙な提携関係がさらに複雑化する可能性をはらむ動きとなる。
両社の関係は仏政府が今年ルノーに対する影響力を拡大させたことで動揺したが、電池供給も提携を揺るがす問題の1つとなっている。 
日産の旗艦EV「リーフ」は現在、同社とNECの合弁会社であるオートモーティブ・エナジー・サプライ(AESC)が製造する電池を採用している。 日産がAESC製電池の供給減少につながる判断を下せば、16年に及ぶルノーとの提携における日産の姿勢を懸念する声が国内で強まる可能性がある。 だが、リーフの販売台数は期待外れにとどまっている。ゴーン氏は消費者がEVを高すぎるとみていると話した。日産はEVが消費者により受け入れられるよう性能の向上と製造コストの引き下げを図りたい考えだ。 同氏は「最高の電池を確保するために、当社の電池事業を競争にさらした」とし、「現時点ではLGが最高の電池メーカーと考えている」と述べた。

LG化学は、日産と提携関係にあるルノーや米ゼネラル・モーターズ(GM)など世界のトップメーカーのEV向けに電池を製造している。ルノーとLG化学は電池の共同開発にも取り組んでいる。 日産リーフは向こう数年かけて抜本的なモデルチェンジが行われる予定だ。ゴーン氏は次世代リーフにはより性能の高い電池を採用する考えを示し、「性能抜きにビジネスができる保証は誰にもない」と話した。 LG化学の広報担当者は「あらゆる可能性に対して柔軟に臨む」と述べた。
調査会社ラックス・リサーチは5月のリポートで、日産・NEC連合は電池コストの削減に向けた取り組みで「技術と製造戦略を変えない限り」米テスラ・モーターズなどの競合に「後れを取るリスク」があるとの見解を示した。ラックスによると、電池をパナソニックと共同開発しているテスラは、25年までにリチウムイオン電池パックの価格を3分の1以上引き下げることができる見通しだ。

ルノーは日産株の43%を保有しているが、日産が保有するルノー株はわずか15%だ。議決権をめぐる争いが起きる前の仏政府のルノー株保有比率も15%だった。仏政府は4月、ゴーン氏の反対を押し切ってルノーの議決権を2倍に拡大した。 だが、ルノーより日産のほうが規模は大きく利益率も高い。日産の昨年の販売台数が530万台だったのに対し、ルノーは270万台だった。 両社のCEOを兼任するゴーン氏は、日産がルノーの持ち株比率を引き上げるべき理由はないと話した。また、両社は車両プラットフォームや仕入れなどで連携を深めているとし、「(両社は)権力闘争の中にあるのではなく、提携関係にある。(中略)私はパートナーシップの精神を危険にさらすようなものは何であれ阻止するつもりだ」と述べた。 ルノーと仏政府との争いは、株式を2年以上保有する株主に2倍の議決権を与える法律が昨年フランスで成立したことを受けたもの。ゴーン氏は仏政府との「合意点」が見つかることを期待すると語った。
http://jp.wsj.com/articles/SB12409709884065744778104581112383357036392?mod=WSJJP_hpp_LEFTTopStoriesFirst
[PR]

# by ganbaremmc | 2015-07-17 15:39 | 日産 | Comments(3)

マツダ ロシア市場から撤退しない

西側諸国から対ロ経済制裁が発動され、ルーブルレートが下がり、自動車市場も困難な時期に入っている。GMはロシアから完全に撤退し、他の企業も需要の低下に耐える方法を模索している。マツダ自動車がなぜロシアから撤退する気がないのか、青山裕大グローバル販売&マーケティング本部長がリア・ノーヴォスチの記者に明かした。
「 色々と国別の、経済の浮沈等、良くなったり悪くなったりありますので、厳しいときにはやはり在庫を溜めないようにしっかりしたオペレーションをベースにして現地の販社のパートナー、それから生産のパートナーと継続したビジネスができるように、運営に力点を置いた乗り切りというのを一番直近では、経済危機の時にはそういう乗り切り方をしたいと考えています 」


000000


ロシアにおいてマツダはさらに、長期的成長戦略を堅持し、市場から撤退しない考えだ。

「 ウラジオストクにMSMRという拠点をつくりました。CKDベースですが、3万台程度コンスタントに作れる拠点ですので、基本的にはここをしっかり稼動させて、適切な日本からの輸入モデルも組み合わせながら継続したビジネスをしていきたいと考えています。ディーラーの方とかマツダの大切なパートナーがロシアの現地に一杯ございますので、やはり恒常的なビジネスを行っていくというのが基本ですし、向こう3年くらいのビジネスもそのように形成したいと思います 」


「 非常にアフォーダブルな、手に入れやすい車で、でもファン・トゥ・ドライブが満喫できる、環境に優しい内燃機関をベースにした車でもって、やはり新興国のお客様にも多く乗っていただきたいと思っています。また、新興国の中でもタイ、マレーシア、ベトナム、ロシア、メキシコなど、新興国カテゴリーの中でも現地に工場進出しているところもありまして、一端そこに根差して、根付いて事業を展開するわけですから、やはりそれぞれの国民の方の経済とか文化にも貢献しながら長期的にパートナーシップを築き、ビジネスとして成長させたい、そういう意味でも貢献したいと思います 」
http://jp.sputniknews.com/busin/591047.html

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-07-17 08:42 | マツダ | Comments(1)

トヨタ 出るか?ディーゼルハイブリッド車

7月16日に公開された、特許庁 特許公報で
平成26年一月に出願されたトヨタの最新技術。
これってハイブリッドディーゼルってことですかね?
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/396066709/

000000

0000

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-07-17 08:38 | トヨタ | Comments(2)

【動画】発売間近。ホンダ N-ONE新仕様のカタログ



明日発表のN-BOXローデスト等のカタログ全ページが動画で投稿されていました。
時間は 00:55 からご覧ください。

000000


MODURO-X もおすすめ
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/36064304/

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-07-16 23:19 | ホンダ | Comments(1)

【7/14更新】スズキ 新型ソリオ情報。燃費、車重1トン未満

日刊工業新聞より
「 次期ソリオに採用するS―エネチャージは加速時にモーターでエンジンをアシストする簡易型HVシステム。 これまで「ハスラー」など軽自動車3車種に搭載している。 これに加え、高効率なリチウムイオン二次電池を搭載し、エンジン停止時も電池にためた電気で走行できる“ストロングHV”を年内に市場投入する計画。 2種類のHVを設定し、消費者の選択の幅を広げる。 
nikkan.co.jp 

000000

◆◆ 某掲示板のカキコ
「 
ディーラーの営業マンによると、現行は7月1日以降は在庫分となります。
「 4WDも含めて全車1トン未満。
加速と実燃費は良くなるらしい。  ACCが無いことや、燃料タンク31Lに縮小など残念なことはある 」
現行ソリオ諸元表

◆◆ 価格.com掲示板
「 8月26日発売のようです。
 ディラー向けパンフをチラミしましたが、センターメーターでしたよ。 自動ブレーキもステレオカメラのタイプになってました。 サイズはほぼ同じで、エクステリアデザインは主観ですが、ちょっと精悍になった感じです。  現行同様、ソリオとソリオバンデッドの二本立てのようです。 価格は未定ですが、装備内容により10~20万円UPするそうですよ。 」
心にゃ硬派の血が通う さん

◆◆ 読者の方の情報では
「 
シエンタ対向で三列シート・・・・・ ではないようです 」

「 
うろ覚えですが、BANDITは1グレードしかなく、なぜか両側電動スライドドアがオプションになっていました。また、LEDヘッドライトだそうです。 標準グレードは3(4?)程度用意されていて、両側電動が標準装備のモデルもありました。 LEDはスモールライトにしか採用されてなかったはずです。 また、ステレオカメラは標準車に合わせたカメラ間隔を広げたものになるみたいです。 性能はスペーシアのものとほぼ変わらなかったと思います。 燃費は、2WDが27km前後、4WDが25km前後とありました。 デザインはライトの形が今より四角くなり、優しげな雰囲気が出ていました。 最後に、ストロングハイブリッドは今年の冬に設定予定だそうです。 モーターのみの走行も可能だとか。 」

情報をくれた はじめまして さん、ありがとうございます。

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-07-16 17:58 | スズキ | Comments(9)

【更新】ホンダ N-ONE低高モデル。画像発見

みんからにN-ONE低高モデルの情報がありました。

000000




「 ディーラーに行ったところ、ローダウンとか、モデューロXもあるよ!
って事でカタログをもらって来ました。・・・・・・・・・ 」
続きと画像はこちら

読者からの情報です。
 発売日が 7月17日 に決定した事が明らかになりました。  ローダウンとModulo Xが追加。 ローダウンは、現行の全高が1610mmに対し、ローダウンとルーフの変更により、-65mmの1545mmとなり、立体駐車場に対応。  N-ONE Modulo Xもローダウン仕様で登場。専用エアロバンパーやグリル、専用ストレートマフラー、専用13インチディスクブレーキ、専用サスペンション、メーター、15インチアルミホイールなど、外観、走りに特化したモデルとなるようです 」

000000

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-07-16 10:02 | ホンダ | Comments(5)

スズキ 新型スイフトの発売は?

スズキ販社の小林モータースさんのブログで・・・

000000

「 モデルチェンジの噂の絶えないスイフトですが、モデルチェンジは来年予定で、ハイブリッド搭載予定らしいです♪ 」
http://ibaraki-suzuki.com/blog/?p=1210

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-07-16 09:57 | スズキ | Comments(0)

【動画】三菱自 新型パジェロスポーツ公開



0000

00

000000

no title

[PR]

# by ganbaremmc | 2015-07-16 09:12 | 三菱自動車 | Comments(4)